幸せとは、気づくことである

幸せとは、気づくことである

作者名 :
通常価格 1,430円 (1,300円+税)
獲得ポイント

7pt

    【対応端末】
  • Lideo
  • Win PC
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ
    【縦読み対応端末】
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ

※縦読み機能のご利用については、ご利用ガイドをご確認ください

毎日引ける!!!クーポンガチャで最大50%OFFクーポンをGET!

作品内容

「気づき」がひとつ増えるたびに脳は成長する!

「幸せって何?」から、ストレスへの対処法、グローバル化、日本人はなぜ英語が話せないか、笑いの効用、ビジネス力の高め方、教育への提言、人工知能まで、多岐にわたるテーマを論じてきた、ビジネス誌『プレジデント』の大人気連載「世界一の発想法」がついに書籍化。複雑な現代をワクワク生きるための、茂木流・思考法を大公開!

【著者】
茂木健一郎(もぎ・けんいちろう)
1962年東京生まれ。東京大学理学部、法学部卒業後、東京大学大学院理学系研究科物理学専攻博士課程修了。理学博士。脳科学者。
理化学研究所、ケンブリッジ大学を経て、現在はソニーコンピュータサイエンス研究所シニアリーサーチャーなどを務める。専門は脳科学、認知科学。2005年、『脳と仮想』(新潮社)で第4回小林秀雄賞を受賞。2009年、『今、ここからすべての場所へ』(筑摩書房)で第12回桑原武夫学芸賞を受賞。
主な著書に『脳とクオリア』(日本経済新聞出版社)、『ひらめき脳』(新潮社)、『脳を活かす勉強法』(PHP研究所)、『挑戦する脳』(集英社新書)、『金持ち脳と貧乏脳』(総合法令出版)、『結果を出せる人になる!「すぐやる脳」のつくり方』(学研パブリッシング)、『東京藝大物語』(講談社)など多数。【目次】
第1章◆幸せになるチカラを育てよう
第2章◆ビジネス力がぐんぐん上がる脳の磨き方
第3章◆人間関係のマエストロを目指せ!
第4章◆学びは人生の最上のご馳走
第5章◆悩みも不安も脳科学が吹き飛ばす!

カテゴリ
小説・文芸
ジャンル
エッセイ・紀行 / エッセイ
出版社
プレジデント社
ページ数
209ページ
電子版発売日
2015年09月25日
コンテンツ形式
EPUB
サイズ(目安)
1MB

幸せとは、気づくことである のユーザーレビュー

    Posted by ブクログ 2015年11月25日

    コラムを集めたものなので、ひとつひとつが短くてめっちゃ読みやすい。最初にあった、自分次第でコントロールできることとそうでないことをちゃんと意識するっていうのが、私にとってハイライトでした。最後らへんの話はよくわからない部分があったので、モヤモヤしたかんじで終わった。茂木さん自身は、若い頃よりもいまの...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?
    ネタバレ

    Posted by ブクログ 2015年12月14日

    雑誌『プレジデント』に「世界一の発想法」として2011年から連載されているコラムをまとめた本。
    掲載順ではなく、「幸せになるチカラを育てよう」、「ビジネス力がぐんぐん上がる脳の磨き方」、「人間関係のマエストロを目指せ!」、「学びは人生の最高のご馳走」、「悩みも不安も脳科学が吹き飛ばす!」の5章に再構...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?
    ネタバレ

    Posted by ブクログ 2016年09月15日

    プレジデントの連載のまとめ。期待して読むというより、息を抜く本。
    どうせ生きるならできるだけ自分の可能性を発揮したほうがいい。
    うらやましいは身につければよい。いやな点は克服すればよい。1万時間やる。1日3時間で10年。才能が開花する。
    世の中の役に立ちたい、市場ニーズにこたえたい、もっと自由で創造...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

この本をチェックした人は、こんな本もチェックしています