「佐藤優」おすすめ作品一覧

「佐藤優」の新着作品・人気作品や、最新のユーザーレビューをお届けします!

プロフィール

  • 作者名:佐藤優(サトウマサル)
  • 性別:男性
  • 生年月日:1960年01月18日
  • 出身地:日本 / 埼玉県
  • 職業:評論家

同志社大学神学部卒。元外交官で文筆家。ロシア情報収集・解析のエキスパート。『修羅場の極意』、『読書の技法』など著書も多数ある。

無料・値引き作品コーナー

配信予定・最新刊

作品一覧

2018/06/09更新

ユーザーレビュー

  • 僕らが毎日やっている最強の読み方 ―新聞・雑誌・ネット・書籍から「知識と教養」を身につける70の極意
    著者の二人が、新聞、雑誌、ネット、書籍の利用の仕方、読み方などについて、自身の実践内容を交えつつ対話形式で紹介している。実に読みやすい。
    各媒体の特性を理解して上手につきあうことで、知識を増やし理解していくことができるのだと再認識できた。

    書籍を読みこなすためには基本的な知識が必要であること、SN...続きを読む
  • 武器を磨け 弱者の戦略教科書『キングダム』
    著者自身の経験とキングダムとの類似点の挙げ方が、かなり無理め。
    だけどキングダムちゃんと読みたくなる。
    これ読んでからキングダム最初から読み直すとメチャクチャ面白い。
    キングダム最高。キングダムが最高。
  • 40代でシフトする働き方の極意
    今の自分の方向性を整理するのにとても役立った。
    内容はとてもバランスよく、仕事、人生、趣味、家庭、友人なども含めて、人生半ばに差し掛かった40代に対して、様々なアドバイスが散りばめられており、どれも示唆に富む。
    自分の考えや行動にも共通する部分も多く、僕の「計画」を後押しする内容でもある。
    特に、サ...続きを読む
  • いっきに学び直す日本史 古代・中世・近世 教養編
    大和王権の時代から、徳川幕府の始まりの辺りまでを、通史として一気に勉強するという目的で編纂されています。個々の時代については、出来事と背景について学ぶことで、それが次の時代にどのようにつながっていったのかを理解することができます。こういった歴史の学び方は今までになく、一通りの日本史の流れについて、す...続きを読む
  • 先生と私
    また順番を間違えました。「十五の夏」の前に読むべきでした。「十五の夏」同様、現在日本の叡智のトップと思われる著者の性格・思考・勉強法がよくわかります。著者の素晴らしいところは、右でも左でも答えのない対立意見を偏見なくよく聞き(上手く聞き出し)、自分で勉強して自己の考え方をしっかりと確立していくところ...続きを読む

特集