「おおたとしまさ」おすすめ作品一覧

「おおたとしまさ」の新着作品・人気作品や、最新のユーザーレビューをお届けします!

無料・値引き作品コーナー

作品一覧

2017/09/15更新

ルポ 父親たちの葛藤
  • ブラウザ試し読み

ユーザーレビュー

  • パパのトリセツ
    パパを家電やロボットのように扱い、面白おかしく書いているかと思いきや、先輩パパからのママへのお願いや謝罪のような本。パパが読んでみて、ママのことを思ってみるのもいい読み方。夫婦でコミュニケーションしてみようかなと思える本。
  • なぜ、東大生の3人に1人が公文式なのか?
    公文というと詰め込み式ドリルただ解くだけ式...という程度の認識しかなく、あまり興味もなかったのですが。

    生徒が例題だけ見てあとは自力で問題をこなしていく(先生はなにも教えない)という点や、教材が常にアップデートしている点、先生たちが長い時間をかけてひとりひとりの学習進度をチェックしてるとの点など...続きを読む
  • なぜ、東大生の3人に1人が公文式なのか?
    ■常にちょっとしんどいくらいの負荷をかける。それが公文式でよく使われる「ちょうど」である。ちょうどの教材さえ与えられれば,子供は自ら伸びていく。それが公文式の学習法及び教材構成を根本で支える理念。
    ・うまく進んでいない時には教材のレベルを下げてみたり量を減らしてみたりして,その時のその子にとっての「...続きを読む
  • 男の子 育てにくい子ほどよく伸びる

    育てにくい息子

    発達遅め、我が強くイヤイヤ期の息子の育児に行き詰まり酷い時は一緒に死のうかとまで思いこのままではヤバイと思いこの本を買いました。
    色んな男の子の育児本読みましたが、この本を読んですごく前向きになれました。余裕がなく、ヒステリックに怒ってばかりの毎日でしたが息子の長所を無くすような育児をしていた事に気...続きを読む
  • ルポ塾歴社会 日本のエリート教育を牛耳る「鉄緑会」と「サピックス」の正体
    日本のエリート教育について書かれた本だが,問題提起がなされていると思った。
    サピックスとはどういうところなのか,名門中高一貫校に通いながら鉄緑会にも通っている子たちの現状などが詳細に記されている。
    その中で気になったのは,今のエリートが「正解が分からない状態に対する『耐性』が弱い」と書かれていること...続きを読む

特集