受験と進学の新常識―いま変わりつつある12の現実―(新潮新書)

受験と進学の新常識―いま変わりつつある12の現実―(新潮新書)

作者名 :
通常価格 836円 (760円+税)
獲得ポイント

4pt

    【対応端末】
  • Win PC
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ
    【縦読み対応端末】
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ

※縦読み機能のご利用については、ご利用ガイドをご確認ください

毎日引ける!!!クーポンガチャで最大50%OFFクーポンをGET!

作品内容

激変を続ける受験の世界。国公私立に海外進学、幾多の塾・予備校……親子の目の前に広がる選択肢は多様化の一方だ。いま勢いのある学校や塾は? 東大生の3人に1人が小学生でやっていたこととは? 受験に勝つ子の「3条件」とは? 東大医学部合格者の6割超が通った秘密結社のような塾がある……? 子供の受験・進学を考えるようになったら真っ先に読むべき入門書、誰も教えてくれない“新常識”が明かされる。

カテゴリ
ビジネス・実用
ジャンル
社会・政治 / 社会学
出版社
新潮社
掲載誌・レーベル
新潮新書
電子版発売日
2018年10月26日
紙の本の発売
2018年10月
サイズ(目安)
11MB

受験と進学の新常識―いま変わりつつある12の現実―(新潮新書) のユーザーレビュー

感情タグBEST3

感情タグはまだありません

    Posted by ブクログ 2021年03月16日

    面白かった。かいつまんで昨今の受験事情を俯瞰するのに最適。
    公文のメリットデメリット、始めるべき時期
    鉄緑会行ったってできる子はできるしできない子は意味ない←自分の母校も指定校だったのでちらほら鉄の子はいたけどほんとそんな感じ。偉ぶって授業中も宿題ばっかしてるけど全然実力ない子がいて可哀想になるくら...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2020年09月08日

    この手の本は、ややもすると首都圏の名門中高一貫校の受験事情や塾選びのポイントのみに終始してしまいそうですが、幅広い選択肢を取り扱っていらっしゃって大変参考になりました。個人的には、特にインターナショナルスクールの話が印象的でした。日本型教育とは対極にありそうなスクールの創立者の方がそれを称賛されてい...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2019年11月01日

    中学受験に関する最近(2018年発売)の情報が網羅できる。
    最近のトレンド校や偏差値について、男子校、女子高の価値など一通りのことがわかる。
    ちょうど今日(11/1)、2020年度からの大学受験の英語外部試験の延期が発表されたが、2020年度から始まる新しい試験方式についてもわかりやすく説明されてい...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2019年05月13日

    旅行中にさくっと読んだ本。 子供の進路のために読んだ。先すぎると思ったけど、やはり読んでよかった。

    中学受験と高校受験の対比、また中学受験はどのようなスケジュールで準備されていくのか。

    色々あーなるほどとメモを取るところが多すぎて、そしてかなりレビューするまでに時間がたってしまったので、また読...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2018年12月11日

    受験と進学の新常識 いま変わりつつある12の現実。おおたとしまさ先生の著書。社会全体の変化は凄まじいけれど、受験と進学の変化も凄まじい。ひと昔前の常識が非常識に、非常識が常識に変化している。日本の学校教育は閉鎖的で国際的には時代遅れなところも多いし、本当に優秀な子供たちは海外留学をする時代になってい...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2019年10月04日

    時代とともに教育は変わるけど、欧米のやり方だけ追っていてはダメだと思う。
    日本独自の教育尺度で能力を測定するべき。
    男子校、女子校と分けた方が学力が伸びることは少し驚いた。ジェンダーと騒がれているのでだんだん減ってるけど根拠がちゃんとあるんだなぁ〜

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2019年03月03日

    著者のこれまでの著作のエッセンスが詰まったダイジェスト版のようでいて、かつ、最新の事情も反映されており、いま、具体的には2019年に、近い将来に子女の中学受験を考えている親が最初に読む本としては最適だろう。また、これまでに著者の本を読んできた人にも役立ちそうだ。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2019年01月20日

    割とハイレベルな大学進学を前提とした小学校からのコース取りが全体見取り図として示されており、特に大学入試改革が迫る中、参考になる親が多いのではないか?

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2018年12月13日

    子育て世代がまさに今知りたい内容がしっかり書かれている一冊です。

    中学受験はした方が良いのか
    高校受験からでは遅いのか
    公立よりも私立の方が良いのか
    受験をするなら何歳ごろからどんな教育を受けさせれば良いのか
    今進められている大学教育改革の方向性は

    などなど。
    読むには早いにこしたことはないです...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2019年11月03日

    受験界の現状を網羅し、よく分析できている。

    さて、この受験界を制したエリートたちは、いったいどのような社会を作り上げてくれるのでしょうか?
    どうしても、コネとエリート意識と机上の空論によるゴリ押しで物事を進める社会しか想像できない。

    それはこの筆者のせいではないけれども、希望を見いだせない。書き...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

この本をチェックした人は、こんな本もチェックしています