会議を制する心理学

会議を制する心理学

作者名 :
通常価格 858円 (780円+税)
獲得ポイント

4pt

    【対応端末】
  • Win PC
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ
    【縦読み対応端末】
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ

※縦読み機能のご利用については、ご利用ガイドをご確認ください

毎日引ける!!!クーポンガチャで最大50%OFFクーポンをGET!

作品内容

会議室で正論を述べているのに孤立無援だと感じたこと、あるいはそんな状態に置かれた人を見た経験はないだろうか。「悪人」が一人もいなくても、時に不正までも承認してしまうのが、集団心理の恐ろしいところである。しかし会議は、個人の力ではできないことを成し遂げるための関門でもあり、逃げてばかりはいられない。会議の場で味方を増やし、自分の意志を貫くための知識とテクニックを社会心理学の専門家が伝授する。

【目次】
序章 会議は「戦場」だった
第1章 会議への不満はなぜ生じるか
第2章 会議のクセを知る
第3章 「ロバートルール」を知る
第4章 オカモトルールをマスターする
第5章 集団討議と多数決の罠
第6章 意外に大きい議長の力
第7章 傍観者、日和見主義者の見えざる罪
第8章 傍観者になるな
第9章 属人主義から属事主義へ
第10章 責任ある立場となったとき
終章 会議は飛躍のチャンスでもある

カテゴリ
ビジネス・実用
ジャンル
学術・語学 / 哲学・宗教・心理
出版社
中央公論新社
掲載誌・レーベル
中公新書ラクレ
ページ数
200ページ
電子版発売日
2020年01月17日
コンテンツ形式
EPUB
サイズ(目安)
8MB

会議を制する心理学 のユーザーレビュー

    Posted by ブクログ 2016年02月13日

    新書の内容に止めてしまうのが、もったいない非常に深い内容であった。特に行政機関や大学で働くものは会議が多いので本研究は非常に参考になる。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2016年08月27日

    会議という意思決定の場での論理について書かれた本。非常に奥が深い問題なのだと思うけれど、新書なので内容は浅め。もう少し掘り下げたものが読んでみたいと思った。

    このレビューは参考になりましたか?

この本をチェックした人は、こんな本もチェックしています