「大村大次郎」おすすめ作品一覧

「大村大次郎」の新着作品・人気作品や、最新のユーザーレビューをお届けします!

無料・値引き作品コーナー

配信予定・最新刊

作品一覧

2018/08/31更新

ユーザーレビュー

  • 知らないと損する給与明細(小学館新書)
    日本はFinancial Interigenceが低い人が多いと言われている。
    各種控除、保険を利用した節税、制度の利用で可処分所得を増やすことが大切。
  • お金の流れでわかる世界の歴史 富、経済、権力……はこう「動いた」
    オーディブルで聞いた。

    オーディブルで聞いた中では指折りに面白く聞けた。紀元前から近現代まで、文明の盛衰にお金がどのように絡み、影響を与えたのかを解説している。

    文明の斜陽には経済状況に対する民衆の不満が絡んでいる。国を運営するものと民衆との間にいる官僚などが搾取することで、税は上がるのに国の財...続きを読む
  • お金の流れでわかる世界の歴史 富、経済、権力……はこう「動いた」
    古代エジプト、古代ローマ、オスマントルコ帝国、モンゴル帝国、スペイン、ポルトガル、ユダヤ人、中国、ナポレオン、大英帝国、ロスチャイルド家、アメリカ、ナチス、日本、二つの大戦、ソ連崩壊、リーマンショック。
    歴史の背後にある、お金の流れが非常に興味深いです。
  • お金の流れでわかる世界の歴史 富、経済、権力……はこう「動いた」
    タイトル通りお金を中心に、世界史を振り返る本。
    切り口が斬新で大変面白かった!!!

    - なぜ、イギリスはそこまで栄えたか?
    - 狡猾な殖民地支配、産業革命の背景、海賊の容認
    - アメリカの繁栄の歴史
    - ドイツの歴史
    - インド、オスマン帝国、元の話
    - 中国の歴史 (紙幣の発行は中国 北宋...続きを読む
  • お金の流れでわかる世界の歴史 富、経済、権力……はこう「動いた」
    これまで知らなかった歴史の背景がすっきりとまとまっており、とても興味深く読めた。
    なにより、著者が警鐘を鳴らしているような国家の衰退の裏側にある原因は、
    現在の日本にもつながっているようでどきりとさせられる。
    もちろん、歴史がすべてこのとおりのシンプルな論理で動いていただけではないかもしれないが、
    ...続きを読む

特集