森村誠一の一覧

「森村誠一」の新着作品・人気作品や、最新のユーザーレビューをお届けします!

プロフィール

  • 作者名:森村誠一(モリムラセイイチ)
  • 性別:男性
  • 生年月日:1933年01月02日
  • 出身地:日本 / 埼玉県
  • 職業:作家

青山学院大学文学部英米文学科卒。1967年小説『大都会』でデビュー。1969年『高層の死角』で第15回江戸川乱歩賞受賞。1973年『腐食の構造』で第26回日本推理作家協会賞受賞。2011年『悪道』で吉川英治文学賞受賞。『人間の証明』、『野性の証明』は映画化された。代表作は『棟居刑事シリーズ』、『悪魔の飽食シリーズ』などがある。

値引き作品コーナー

作品一覧

2021/02/09更新

ユーザーレビュー

  • 新版 続・悪魔の飽食 第七三一部隊の戦慄の全貌!
    このテーマにてをつけた、森村氏はすごい。心臓移植などともうわさのあった731は、日本が戦争に負けたために世に現れたのではないでしょうか。知られていない731が他にもあるとおもっています。
  • 人間の証明
    「麦わら帽子」の詩の印象が強烈にあったが、映画の印象だったようだ
    原作は初めて読んだが、力強いミステリーであっという間に読み終わった
  • 人間の証明
    これは凄い小説だ。
    読後、思わず心の中でつぶやいてしまった。

    「Mama do you remember?」という印象的な音楽と、黒人の子ども、そして風に舞って落ちてゆく麦わら帽子のシーンを、昔TVで見たことを鮮烈に覚えているが、映画も観ておらず、小説も読んだことがなかったが…。

    特に最終章に向...続きを読む
  • 吉良忠臣蔵 上
    「わたし定時に帰ります」で要になった「忠臣蔵」が気になって読もうと思った。
    なんと森村誠一の作があるじゃん!で何故かノーマルではなく吉良版が検索に引っ掛かった。
    面白い!忠臣蔵ってこんな策略が巡らされてたんだ!とビックリ〜
  • 吉良忠臣蔵 下
    いよいよ討入だ。
    策略合戦あり、人間模様あり、生き様あり、そして武士道!
    通勤電車で没頭して読んだよ。涙がこぼれそうになった。。。
    次は、ノーマルを読んでみよう。