小松和彦の一覧

「小松和彦」の新着作品・人気作品や、最新のユーザーレビューをお届けします!

値引き作品コーナー

作品一覧

2020/12/22更新

ユーザーレビュー

  • 妖怪学の基礎知識
    緻密な分析、豊富な資料。
    基礎知識といってもとても充実した内容。
    「妖怪学」を学ぶことは、妖怪文化を通して人間を知ることでもあるのだとか。
    小松和彦先生の妖怪と人間を見つめる目線は、どこかあたたかいと思う。
  • 神になった日本人 私たちの心の奥に潜むもの
    実在の人物が神として祀り上げられている神社や寺院について、どのようにしてそのように祀り上げられるに至ったかが、その人物について創作された逸話なども加味しながら紹介されている。ソチ五輪・フィギュアスケートで金メダルに輝いた羽生結弦選手のことも『安倍晴明』に纏わる逸話の例に挙げられたりと、最近の出来事も...続きを読む
  • 神隠しと日本人

    読む程もっと知りたくなる

    小松さんの本は何冊か読みましたが、どれも語り口がわかりやすく、内容に惹き込まれてしまいます。
    民俗学や文化人類学などもっと知りたくなる入門書のような本書ですが、専門書となるときっと歯が立たないので(笑)小松さんに中級者向けの本を書いてほしいな〜なんて思います。
  • 妖怪たちのいるところ
    狐に化かされたような
    不可思議な部分もゆるせる
    大判でとても綺麗な妖怪絵です
    解説も 博学で読んでいて面白いです
    水木先生の絵は
    やっぱりすごいですよね
    まるで見てきたように描いてあるもんなぁ
    見てきたんだろうな~と思えるほどでした
  • 神隠しと日本人
    警察白書によれば、
    毎年およそ10万人弱の行方不明者の届けがあるという。[more]

    残された人びとほとんどは、
    その失踪の原因を「神隠しだ」とは、
    考えていない。はずである。

    信仰としての神隠しは消え去り、
    ほとんどすべて人間世界の内部に原因と結果が求められる。
    失踪者が消え去った異界としての...続きを読む