「松永正訓」おすすめ作品一覧

「松永正訓」の新着作品・人気作品や、最新のユーザーレビューをお届けします!

作品一覧

2018/11/26更新

ユーザーレビュー

  • 発達障害に生まれて 自閉症児と母の17年
    ものすごく具体的なので、いろいろな場面が目に浮かぶよう。
    ただし、1つの事例であって、汎用的な話ではないことは留意する必要がある。


    出生前検査で異常の可能性があることがわかって泣いている母親を叱責する医師のこの一言、かなりきます。
    『何をそんなに泣いているんですか!障害児だったら要らないから、こ...続きを読む
  • 発達障害に生まれて 自閉症児と母の17年
    発達障害についてよく知らない人にぜひ読んでほしいです。私にも自閉症の子供がいますが、読みながらあるあると思うことが多かったです。発達障害のことを理解してくれる人が増えてくれば、少しはそのような人たちに優しい社会になるように思います。
  • 発達障害に生まれて 自閉症児と母の17年
    昔から電車などで知的障害の方に遭遇するたび、この人を育てている親はどんなことを考えているのだろうと思っていた。今年自分に子供が生まれ、子育ての大変さや命の尊さを実感し、昔からの疑問はますます強くなった。
    自分の子供が障害を持っていたら、どんな気持ちで毎日を過ごすのだろう、と。
    少しでもその気持ちが知...続きを読む
  • 運命の子 トリソミー 短命という定めの男の子を授かった家族の物語
    泣いた。めちゃくちゃ泣いた。
    染色体異常の子を持ち、短命と言われた中での親の苦悩、葛藤、決断、現実的にのしかかるケアの辛さ、不安、それらを経験する中で自分の中の気持ちと向き合い、対話し、時間をかけてそれぞれの接し方を見つけていく。決して悲しい、かわいそうの話だけではない。つらい中でも、自分の子供の可...続きを読む
  • 運命の子 トリソミー 短命という定めの男の子を授かった家族の物語
    読んでよかった。
    前半、電車でうるうるしそうになりながら読んだ。

    知識があるにこしたことはないから、命を消してしまう為ではなく、出生前診断もありなのかなと思っていたけど
    やっぱりしないほうがいいのかな。
    自然の摂理、という夫と私の共通認識&色々問題が山積みの時期だったので話し合うタイミングを逸した...続きを読む