「松永正訓」おすすめ作品一覧

「松永正訓」の新着作品・人気作品や、最新のユーザーレビューをお届けします!

作品一覧

2018/03/09更新

ユーザーレビュー

  • 運命の子 トリソミー 短命という定めの男の子を授かった家族の物語
    泣いた。めちゃくちゃ泣いた。
    染色体異常の子を持ち、短命と言われた中での親の苦悩、葛藤、決断、現実的にのしかかるケアの辛さ、不安、それらを経験する中で自分の中の気持ちと向き合い、対話し、時間をかけてそれぞれの接し方を見つけていく。決して悲しい、かわいそうの話だけではない。つらい中でも、自分の子供の可...続きを読む
  • 運命の子 トリソミー 短命という定めの男の子を授かった家族の物語
    読んでよかった。
    前半、電車でうるうるしそうになりながら読んだ。

    知識があるにこしたことはないから、命を消してしまう為ではなく、出生前診断もありなのかなと思っていたけど
    やっぱりしないほうがいいのかな。
    自然の摂理、という夫と私の共通認識&色々問題が山積みの時期だったので話し合うタイミングを逸した...続きを読む
  • 運命の子 トリソミー 短命という定めの男の子を授かった家族の物語
    生まれた時から短命である定めの、染色体異常の子ども。彼らを育てるって、どういうことだろう。いつ、障害を受け入れるんだろう。そういったことを、小児外科医である著者が障害を持つ子を育てる親に聞き取り、本にした。短命な子だからこそ一日一日が大切で、けれど短命なんてことは考えたくなくて、でもその子を残しては...続きを読む
  • 運命の子 トリソミー 短命という定めの男の子を授かった家族の物語
    生まれてくる命の選択や生まれてからの育てる覚悟と苦労,言葉で大変だという以上の重苦しい人生に読みながら考えさせられました.でも,いろいろな思いを乗り越えて明るく優しく生きる姿にほっとしました.
  • 子どもの病気 常識のウソ
    医者に頼るだけではなく、親も医学的な知識を持つ必要があると
    感じた。何が正しいのか読み解く知識が必要である。