「角川書店単行本」おすすめ作品一覧

「角川書店単行本」の新着作品・人気作品や、最新のユーザーレビューをお届けします!

無料・値引き作品コーナー

配信予定・最新刊

2019/06/06更新

「角川書店単行本」の作品一覧

ユーザーレビュー

  • 隠居すごろく
    隠居して家移りもした。これからは悠々自適の隠居生活・・・?

    おもしろすぎて一気に読んでしまった。
    子供達特有の言いようと、そこを収めていく隠居さんがさすが。
  • みかんとひよどり
    ジビエかぁ 確かに最近何かと話題になって来たけど、自転車のイメージが強い近藤さんが何ゆえジビエに心を動かされたのかなぁ
    犬好きなのは確かに伝わりました。
    生き物が好きで、生命が無駄になるのが嫌いなんだろうな。
  • いも殿さま
    飢饉のため、餓死か一揆の瀬戸際をサツマイモで救った人の話はなんとなく知っていたけど、場所も名前も知らずにいました。出世もせず算盤を弾き続けた後、隠居して大好きな食道楽の旅に出ようとした勘定方、旗本の井戸平左衛門。その矢先、お菓子に釣られて石見の代官に任命された。平左衛門と御用人・藤十郎のコンビの旅は...続きを読む
  • 無印良品は、仕組みが9割 仕事はシンプルにやりなさい
    ★とにかく実行★現場の意見を常に反映して詳細なマニュアルを更新し続けているのだと単純に思っていたが、数段上の話だった。「実行95%、計画5%」と掲げるように、マニュアルを整備したのは実行を容易にさせるため。自己の裁量や工夫で仕事をしていた人からは当然ながら反発があるが、「あなたの優れた手法を共有した...続きを読む
  • 父と私の桜尾通り商店街
    才能の塊とは、こういう人のことを言うんだろう。
    どうも著者は、宗教的、神的なものに関心があるのだろう。同時に、そんなものでは、世界は語りつくせないということも、十分自覚している。
    病弱な父を踏み台にしたって、世界を享受してやるという、健全なしたたかさを持っている。
    表題作よりも、「せとのママの誕生日...続きを読む

特集