矢作直樹の一覧

「矢作直樹」の新着作品・人気作品や、最新のユーザーレビューをお届けします!

配信予定・最新刊

作品一覧

2021/01/08更新

ジャパニズム52
  • ブラウザ試し読み

ジャパニズム 49
  • ブラウザ試し読み

ジャパニズム 45
  • ブラウザ試し読み

ジャパニズム 43
  • ブラウザ試し読み

ジャパニズム 47
  • ブラウザ試し読み

ジャパニズム 42
  • ブラウザ試し読み

ユーザーレビュー

  • 日本の霊性を上げるために必要なこと
    東日本大震災で亡くなった方々の魂のところでは、胸が詰まり涙があふれました。
    これも意味があることなのだと、わかり日本人として地に足をつけてしっかり生きていきたいと思いました。
  • 神(サムシング・グレート)と見えない世界
    サムシング・グレート(神)の存在をめぐり、東大教授矢作直樹と筑波大名誉教授 村上和雄との対談。冒頭、小柴教授とダライラマとの対談の紹介がある。戦争が無くならないのは、宗教に問題があるのではとの小柴教授からの質問に、どの宗教も素晴らしい、問題があるのは、それらの宗教を解釈している人間側に問題があるとし...続きを読む
  • 自分を好きになる練習

    自分が大好きになる本です!

     全体を通して「無理しなくていいんだよ。あるがままの自分で過ごそう!」という、作者独特の優しい語り口によるメッセージが流れています。
     凄く勉強し、努力したであろう社会的地位の高いお医者さんが「評価なんか気にしなくていい。」と言ってくれると妙に説得力があります。
     読んでいるうちに心がほっこりし...続きを読む
  • おかげさまで生きる
    だいぶ前に買って一回は読み終えてそのまま本棚に並べていましたが、友達とこの著者の話題になり、また読み返してました。

    たまたま、会社の人間関係でストレスが溜まりつつある時であったため、ずいぶん気が楽になりました。

    また、現代の日本人が忘れつつある大事なことも書かれてあり、疲れていた私の心に、すーっ...続きを読む
  • 自分を休ませる練習 しなやかに生きるためのマインドフルネス
    【読書メモ】

    ”残心、という言葉をご存知でしょうか?弓道、剣道、柔道などの武道、さらに伝統芸能の世界でもよく使われる言葉です。
    意味としては「それを終えた後、力をゆるめる、あるいはくつろぎながらも、まだしっかりと注意を払っている状態」です。
    気持ちが途切れていない状態、とも言えるでしょうか。日常生...続きを読む