「日野原重明」おすすめ作品一覧

「日野原重明」の新着作品・人気作品や、最新のユーザーレビューをお届けします!

無料・値引き作品コーナー

配信予定・最新刊

作品一覧

2018/06/29更新

ユーザーレビュー

  • 生きていくあなたへ 105歳 どうしても遺したかった言葉
    105歳の医師の言葉には、さすがに説得力というか重みが違う。太平洋戦争を軍医として生き延びてきたんだから。
  • 最後まで、あるがまま行く
    日野原重明(1911.10.4~2017.7.18)著「最後まで、あるがまま行く」、2018.3発行です。101歳から105歳まで、1年毎に、心境、体調などを綴っておいでです。全編、誠実なお人柄が偲ばれます。メガネ、ケイタイ、パソコン、ステッキ(101歳から)、車椅子(102歳から)など、時の流れ、...続きを読む
  • 生きていくあなたへ 105歳 どうしても遺したかった言葉
    日野原先生の真摯な生き方に感銘を受けました。
    慈愛に満ちた共感の姿勢が伝わり、例えば斜に構えながら読みはじめた人でも胸に響くものがあるのではないでしょうか。

    「人生の午後をどう生きるか。選ぶ物差し、価値観が必要で、自分自身の羅針盤を持たなくてはならない。午後は午前よりも長いから。」
    本当にそうだな...続きを読む
  • 生きていくあなたへ 105歳 どうしても遺したかった言葉
    日野原先生と言えば、100歳を超えても現役医師であり続けていた方で有名である。
    ハイジャック事件やサリン事件などのエピソードも有名であり、日本のノーベル受賞者が、テレビで推薦していた本なので読んでみた。

    人が生きるとは、使命とは、色々考えさえられることが多かった。
    心に響くことがたくさんあったが、...続きを読む
  • 生きていくあなたへ 105歳 どうしても遺したかった言葉
    この本を知った時すぐに読んでみたいと思いました。
    そして、一気に読みました。
    一言一言が心に染みるようでした。
    この本は迷った時や何か行動起こしたいときなど、読み返したら良い本だと思います。

    日野原重明先生が100歳になられる少し前に講演会でお話を聞く機会がありました。
    1時間以上立ったまま大きく...続きを読む

特集