江戸川乱歩の一覧

「江戸川乱歩」の新着作品・人気作品や、最新のユーザーレビューをお届けします!

プロフィール

  • 作者名:江戸川乱歩(エドガワランポ)
  • 性別:男性
  • 生年月日:1894年10月21日
  • 出身地:日本 / 三重県
  • 職業:作家

早稲田大学政治経済学部卒。1923年『二銭銅貨』でデビュー。『D坂の殺人事件』や『一寸法師』などの作品を手がける。『少年探偵団』『蜘蛛男』など数々の作品が映画化、アニメ化されている。

無料作品コーナー

配信予定・最新刊

作品一覧

2021/01/16更新

吸血鬼
  • ブラウザ試し読み

蜘蛛男
  • ブラウザ試し読み

黒蜥蜴
  • ブラウザ試し読み

ユーザーレビュー

  • 明智小五郎事件簿3
    なんだろう。。ほんと好き(笑
    その時代へタイムスリップし、目の前で繰り広げられてるかのような没入感と臨場感。
    トリックが不完全だろうが、明智小五郎がヘマしようが、こんなに面白いと感じられる小説を書けることがすごい。記憶に残り続ける面白さ。
  • 乙女の本棚9 外科室
    乙女の本棚シリーズ

    東京府下のある病院で伯爵夫人は手術台に横たわっていた。夫人は麻酔をかけるのを頑なに拒み、そのまま切ってほしいと頼む。自分には秘密があり、これほど思いつめていることだからきっと話してしまう…と。
    イラストも綺麗でさらに泉鏡花の世界に惹き込まれていくように感じました。
  • 孤島の鬼
    これが初めて読んだ乱歩です。
    読んだ後、放心して、悲しくて、どうしようも無く、一週間は現実に帰って来れなかった。
    同時に小説ってこんなに面白いものか…!と打ちのめされた。
    五十音の組み合わせの文字が文章になっただけで、乱歩という人が書くと世界はこんなにも衝撃的に面白いものなのかと驚愕した。
    読後のあ...続きを読む
  • 屋根裏の散歩者~江戸川乱歩全集第1巻~
    大正12年4月、月刊誌「新青年」に発表された処女作『二銭銅貨』から、大正14年12月に「映画と探偵」で発表された『接吻』までの最初期の傑作群22作品が、それぞれ〈自作解説〉とともに収録されている。

    『二銭銅貨』をはじめ、『D坂の殺人事件』『屋根裏の散歩者』『人間椅子』と、乱歩初心者のわたしでさえ、...続きを読む
  • 孤島の鬼~江戸川乱歩全集第4巻~
    本を開いたら、二段組の小さな字で書かれてあったので、読めるか心配したけど、すらすらと読めた。

    乱歩の作品は活字では初めてだけど、90年前の小説にぐいぐい引き込まれていった。