「江戸川乱歩」おすすめ作品一覧

「江戸川乱歩」の新着作品・人気作品や、最新のユーザーレビューをお届けします!

プロフィール

  • 作者名:江戸川乱歩(エドガワランポ)
  • 性別:男性
  • 生年月日:1894年10月21日
  • 出身地:日本 / 三重県
  • 職業:作家

早稲田大学政治経済学部卒。1923年『二銭銅貨』でデビュー。『D坂の殺人事件』や『一寸法師』などの作品を手がける。『少年探偵団』『蜘蛛男』など数々の作品が映画化、アニメ化されている。

無料・値引き作品コーナー

配信予定・最新刊

作品一覧

2019/01/18更新

ユーザーレビュー

  • 江戸川乱歩傑作選
    2009年版の物に古本屋で出会ったのが始まり。江戸川乱歩の書く小説は奇妙だ、ホラーミステリーだ、等と聞いていたので気になって購入。ほとんどの登場人物が気ちがいで、情景描写の表現などにもクセがあって良かった。いつから発売されているものなのかわからないが、黒地に赤字で箔押しのカバーのものが発売されていて...続きを読む
  • 陰獣~江戸川乱歩全集第3巻~
    何度読み返してもゾクゾクする、この感覚は何だろう。
    本のタイトルになっている「陰獣」は、乱歩の願望そのものだなあ。
  • 少年探偵団(1)
    第1の事件 怪人二十面相
    第2の事件 大金塊
      
     第1の事件では、明智小五郎は出張中ということで登場せず、小林少年のみ登場。
     第2の事件でようやく明智小五郎が登場します。
     第2の事件では、怪人二十面相ではなく謎の女盗賊が登場。
     女盗賊と怪人二十面相の関係は!?
     

    (巻末解説・少年探偵団...続きを読む
  • 100年後も読まれる名作(7) 赤毛のアン
    絵がかわいくて、文章も読みやすく小学校低学年の女の子が読むのにピッタリです。
    これで興味をもって、もう少し長い文章が読めるようになった頃にちゃんとしたのをよむきっかけにもなれば。
  • 乙女の本棚2 猫町
    異世界に行って、帰って来たような気がする。
    おもしろかった。
    いけないお薬はいけないと思います。
    散歩しよって思いました。

    以前仕事帰りのいつもの道で大きな山に見える雲が正面にあって方向感覚がおかしくなったり知らない場所に来たみたいな心細さと焦りを感じたことを思い出した。

    初めて読んだ乙女の本棚...続きを読む

特集