安藤祐介の一覧

「安藤祐介」の新着作品・人気作品や、最新のユーザーレビューをお届けします!

プロフィール

  • 作者名:安藤祐介(アンドウユウスケ)
  • 性別:男性
  • 生年月日:1977年
  • 職業:作家

早稲田大学政治経済学部卒。『被取締役新入社員』がTVドラマ化され、TBS・講談社第1回ドラマ原作大賞を受賞。作品に『仰げば尊し』、『営業零課接待班』、『1000ヘクトパスカルの主人公』などがある。

作品一覧

2021/10/19更新

ユーザーレビュー

  • 不惑のスクラム
    綺麗事ばかりでは無いところが良かった。
    傷つけた者、傷つけられた者、公平であった気がする。
    読んだ後気持ちが良かった。
  • 就活ザムライの大誤算
    安藤作品は 読んでいて 安心できます。

    なぜか

    最後は ハッピーエンドです。

    今回の キーワードは

    おじさんです。

    本当に良い人と思っていた人が

    実は そんなに 良い人ではなかった。

    悪い人だと思っていた人が

    意外と 良い人だった。

    就活を通して

    見えてくる世界。

    数十年前です...続きを読む
  • 本のエンドロール
    紙の本の制作に携わる方の舞台裏を知ることができて、久しぶりに感動しました。
    私は紙の本でないと読んだ気がしないという本好きですが、電子書籍も使用しています。ですが、面白かった本、集中して読んだ本となるとやはり紙の本になります。
    書店に行って、電子書籍で読んだ本を見ると、これ内容知ってるなあと思うので...続きを読む
  • 被取締役新入社員
    難しいことを考えずに、サクサク読めた
    社内のいじめられ役、ストレスの吐口として採用された信男。はじめは、どんだけ罵詈雑言を浴びせられても、悔しい、ムカつくなどの感情が見えなかった信男が、異世界の人のように感じた。
    ひょんなコトから、手柄を上げ、成功していく流れは、ありきたりかもしれないけど、個人的に...続きを読む
  • 本のエンドロール
    本当に一冊の本にはたくさんのつくり手の想いが詰まっている。
    派手さのないストーリーだからこそ、それが切実に、リアルに伝わってきた。
    丁寧に取材をして書かれた本だというのが分かるし、作家さんが印刷所や編集者など、表舞台のその裏で働く人に焦点を当ててくれたこともなんだかうれしい。

    忙しない日常のなかで...続きを読む

新規会員限定 半額クーポンプレゼント!