「安藤祐介」おすすめ作品一覧

「安藤祐介」の新着作品・人気作品や、最新のユーザーレビューをお届けします!

プロフィール

  • 作者名:安藤祐介(アンドウユウスケ)
  • 性別:男性
  • 生年月日:1977年
  • 職業:作家

早稲田大学政治経済学部卒。『被取締役新入社員』がTVドラマ化され、TBS・講談社第1回ドラマ原作大賞を受賞。作品に『仰げば尊し』、『営業零課接待班』、『1000ヘクトパスカルの主人公』などがある。

作品一覧

2017/07/14更新

ユーザーレビュー

  • 営業零課接待班
    人事課から退職勧告を受けた真島
    営業本部長から引き留められ新設の営業零課に1年間留意することに
    他のメンバーも同じ境遇だった
    営業零課一致団結し、年商50億を目指し孤軍奮闘する話

    読みやすくておもしろかった
    主人公 真島が成長する過程
    目標に向かって悪戦苦闘するメンバー
    最後は感動でほろりと...
  • 営業零課接待班
    「そのままでいい、そのままがいい」という言葉が非常に印象的だった。

    人の反応を気にしすぎて自分を出せない主人公が営業という仕事を通して人間関係を豊かに広げて行く。
    自分も人と関わることが少なかったが、自分からいろんな人と関わって話をしてみたいと思えるようになった小説だった。
  • 営業零課接待班
    誰にも得意分野はある。営業は人と人の繋がりで確かなものになり、双方にとって価値があるものでありたいです。頑張ろうと思える爽やかな読後感が残ります。
  • 宝くじが当たったら
    宝くじで2億円当たった修一。
    翌日からお金に翻弄され、親戚、友人
    同僚を巻き込みながら、自分だけは変わらない生活を目指す。
    お金と共に居なくなる周囲の人間達。
    最後に残ったのは、本当に信じられる
    志織とツネさん2人だが、本当に幸せ
    そうな修一の姿が思い浮かぶ。
  • おい! 山田 大翔製菓広報宣伝部
    菓子メーカーのゆるキャラとなった山田の奮闘記。
    あっさりとした文章、ベタな展開だが読みやすく、読後は爽快感に包まれる前向きな一冊。