中村元の一覧

「中村元」の新着作品・人気作品や、最新のユーザーレビューをお届けします!

作品一覧

2019/06/05更新

ユーザーレビュー

  • 原始仏典
    初期仏教の聖典をわかり易く解説している。ゴータマ・シッダルタ、釈尊がその当時説かれたであろう教えに一番近いものとして伝わったものが阿含経典である。人間が生きていくうえで必要な教えが説かれている。現代においても重要で何度でも振り返って人生の杖にするべきものであろう。
     「ものごとは心にもとづき、心を主...続きを読む
  • 般若心経・金剛般若経
    なんとなしに¥108だったから…だれかれとなく、仏教というものに触れてみたい、そんな気がしたからだった気がする。
    お題目のように唱えられたり、写経されているこの般若心経。それを無駄とは言わないが、この般若心経は一種仏陀という男の境地であるから、実践以上のなにものからも、その境地は得られない。書いたり...続きを読む
  • 原始仏典
    原始仏教を俯瞰的に眺めることができる本。
    原始経典からダンマの骨格となる句、要所を抜粋しています。

    ご存知の通り、原始経典が脚光を浴びたのは近代(明治以降)であります。
    それまでの日本は歴史の悪戯で大乗仏教が主流でした。
    大乗仏教の聖典である大乗経典は釈尊入滅からかなりあとに成立したもの、つまり後...続きを読む
  • 原始仏典
    これはもう本当にすばらしい本。よりよく生きることを、本に求めてきてよかったなーと思えた本。
    私は一生懸命に生きていたつもりだけども、満たされた感じを得ることがなく、それどころか、つらくて泣いてしまうような日々を送ることもあり、それを現代の商業的な情報は解決してくれなかったのです。けれど、心に響くスピ...続きを読む
  • ブッダ最後の旅-大パリニッバーナ経
    亡くなった同僚僧の名前を次々と上げて、彼らはどうなったんだと聞いたり、ブッダが死んだらどうしていいのかわからないと縋り付いたりする、アーナンダとのやり取りが印象的。
    ブッダがそれに対して、決して明確に死後について語らない。自らの老い、や寿命を率直に説いて、人は皆死ぬんだと諭す。その上で、ただ、ブッダ...続きを読む