江藤淳の一覧

「江藤淳」の新着作品・人気作品や、最新のユーザーレビューをお届けします!

値引き作品コーナー

作品一覧

2021/05/21更新

ユーザーレビュー

  • 戦後と私・神話の克服
    戦後の価値観のなかでなぜ己が保守的な言説を繰り返してきたのかを、あたかも吐露するような随想でした。相当のルサンチマンが蓄積されています。江藤淳の過酷な戦後の暮らしと喪失感について当時どれほどの共感があったのかはわかりませんが、戦後民主主義が掲げる理想に対して保守が私情をもって対抗する様はインティフア...続きを読む
  • 成熟と喪失 ―“母”の崩壊―
    再読。人生で読んだことのある本の中で10本の指に入る私にとってとても切実な本だった。指摘のあまりの鋭さに涙が止まらなかった。
  • 成熟と喪失 ―“母”の崩壊―
     1967年に発表された、戦後評論における屈指の名著と言っても差し支えのない一冊。エリクソン『幼年期と社会』で語られている米国の母子関係というものを日本のそれと対峙させ、日本の戦後文学で家族というものがどの様に描かれているかを分析することで、その社会構造が持つ問題点を炙り出す。
     本書では、日本の家...続きを読む
  • 成熟と喪失 ―“母”の崩壊―
    自分が感じている不安を説明されたようだった。

    日本とアメリカの「母性」の違いの考察も途中でなされていて、欧米のジェンダー学と日本のジェンダー学が食い違ってしまうことに通じる気がします。


    上野千鶴子氏の解説つきで、文芸の知と社会学の知のうれしいコラボレーション。



    またあとでつづきかきます。
  • 小林秀雄
    完全におもしろいね。なんか頭がかなり、ビビとくるね。
    探偵、江藤淳が小林秀雄という巨像を浮き彫りにしていくみたいな。

新規会員限定 半額クーポンプレゼント!