「加門七海」おすすめ作品一覧

「加門七海」の新着作品・人気作品や、最新のユーザーレビューをお届けします!

配信予定・最新刊

作品一覧

2017/09/29更新

ユーザーレビュー

  • お咒い日和 その解説と実際
    呪術がぐっと身近になるようなエピソードが取材とともにあっさりと書かれていて読みやすい。知らなかった地方のおまじないについてや、普段自分がしている験担ぎに通じるものを感じてひやっとしつつも楽しくなるいい作品です。
  • 祝山(いわいやま)
    実体験調で進むホラー。山とか祟りとかツボだらけ。身の回りで起き始める怪奇の元を辿ると、とある山の信仰に結びつく。田舎ドライブが好きだけど、これを読んでから軽々と山に踏み込むのが怖くなった!
  • 祝山(いわいやま)
     久しぶりにいいホラーに当たったな、と思った。聖域や民俗学が絡んでくるようなものが大好物なので、「祝山」のほんとうの意味にはゾクゾクした。憑かれた友人が狂気たっぷりでよい。ああいうイっちゃった人が書いたり口にしたりするような文章の引き出しもあるってすごいなあ、としみじみする。
  • 怪談を書く怪談
    夏なので、ホラー読もうと思い目に入った。短編のホラーになっていて、作者が実際に体験した話を書いてある。ぞっとした話から、少し不思議な話、等色々な話があり、とても面白かった。初めて作者を読む人にとっては、一話が短いので入りやすいと思う。
  • 怪のはなし
    筆者が体験した実話怪談。道の話が怖かった。新築マンションに住んだ人たちは一体どうなったのか大丈夫なのか、かなりその後が気になります。

特集