「霜島ケイ」おすすめ作品一覧

「霜島ケイ」の新着作品・人気作品や、最新のユーザーレビューをお届けします!

プロフィール

  • 作者名:霜島ケイ(シモジマケイ)
  • 性別:女性
  • 生年月日:1963年04月18日
  • 出身地:日本 / 大阪府
  • 職業:作家

東京女子大学短期大学部卒。『封殺鬼シリーズ』、『カラクリ荘の異人たちシリーズ』などの作品を手がける。

無料・値引き作品コーナー

作品一覧

2017/06/16更新

ユーザーレビュー

  • カラクリ荘の異人たち4 ~春来るあやかし~
    霜島ケイさんの別シリーズ読破してしばらく、なんか無性に癒されたくなって、こちらの一巻を買った。
    読み終える毎に次巻を買って数日で読破。ゆっくり読むつもりが……。

    十代の頃に読んで面白かったかどうかはわからない。
    こんな素直な話が、十代の捻くれた心に入ったかどうか。
    アラサーになって初めて...続きを読む
  • ひょうたん のっぺら巻ノ二
    話が良くできているし、人情があるし、プッと笑えるエッセンスもちりばめられており、本当に面白かったです。
    あやかしという傑作選に一話収録されており、面白かったので、読みました。この表紙の絵だし、装丁もライトな感じだし、知らなければ、手に取ることもなかったと思います。
    畠中さんのしゃばけシリーズのような...続きを読む
  • 封殺鬼シリーズ  4 ぬばたまの呪歌(小学館キャンバス文庫)
    今も続く、封殺鬼シリーズ第4弾。
    1994年発行。
    現在2016年。
    なんかひさびさに読みたくなって引っ張っり出してきましたが、もう20年以上前の作品なんですねぇ。
    電話が、家の固定電話と公衆電話しかないところ以外は、これっぽっちも色褪せないキャラクター達が生き生きと動き回り、とても面白いです。
  • ひょうたん のっぺら巻ノ二
    読みは冴え、腕も立つし、情けもある。
    美人の奥方に、かわいい娘、気の利く岡っ引きの見習いと、
    向かうところ敵なしに思えたのっぺら同心にも、
    そんな弱点があったとは。
    思いもよらぬ「ひょうたん」に驚きもし、笑いもした。

    いや、口がきけないとか、
    だから矢立の墨が切れると筆談もできないとか、
    他にも弱...続きを読む
  • のっぺら あやかし同心捕物控え
    Tさんのおすすめ。

    可笑しかった。
    いや、可笑しすぎる。

    妖しののっぺらぼうが、江戸の町で堂々と同心を務めていること自体、
    くすりと笑えるものがあるのに、
    あとは目茶苦茶だ。

    のっぺらぼうなのに髷は結えるし、
    父母が人と狐なのはまだしも、
    そのさっぱりした顔に一目ぼれした美人の奥方がいて、
    ...続きを読む