のっぺら あやかし同心捕物控え

のっぺら あやかし同心捕物控え

作者名 :
通常価格 550円 (500円+税)
獲得ポイント

2pt

    【対応端末】
  • Lideo
  • Win PC
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ
    【縦読み対応端末】
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ

※縦読み機能のご利用については、ご利用ガイドをご確認ください

  • 無料サンプル
  • ブラウザ試し読み

  • アプリ試し読み

新規会員限定半額クーポンプレゼント

作品内容

五歳になる小春は、常々不思議に思うことがあった。どうして父上には目と鼻と口がないのかしら? 母上は、 「父上はのっぺらぼうだから」と言うけど、顔がなくても小春は父上のことが大好きだ――家族と人間の仲間に囲まれた心優しいのっぺらぼう千太郎が、鋭い勘と特殊な能力で巷の事件を解決する、妖怪捕物帖!

ジャンル
出版社
廣済堂出版
掲載誌・レーベル
モノノケ文庫
ページ数
260ページ
電子版発売日
2014年10月03日
コンテンツ形式
EPUB
サイズ(目安)
1MB

のっぺら あやかし同心捕物控え のユーザーレビュー

    Posted by ブクログ 2014年10月08日

    Tさんのおすすめ。

    可笑しかった。
    いや、可笑しすぎる。

    妖しののっぺらぼうが、江戸の町で堂々と同心を務めていること自体、
    くすりと笑えるものがあるのに、
    あとは目茶苦茶だ。

    のっぺらぼうなのに髷は結えるし、
    父母が人と狐なのはまだしも、
    そのさっぱりした顔に一目ぼれした美人の奥方がいて、
    ...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2017年11月27日

    千太郎はのっぺらぼうのあやかしで、お江戸の同心とはなんと斬新な!!
    のっぺらぼうなので、表情等がわからないのだか正悟や伊助のおかけで千太郎の人となりがわかりやすく、面白い。
    ツッコミもやり過ぎてなく、くすりと笑える程度なので話の腰を折るような真似にならないところも良い。
    短編が三作入ってるのだが、二...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2016年02月03日

    のっぺらぼうの千太郎が、普通に同心をし、周りも受け入れてるってのに、はじめは、ちょっと慣れなかったんですけど、千太郎のことを知るにつれ、私も江戸っ子のように、受け入れてました。娘が千太郎の顔に書いた「へのへのもへじ」を自慢気に見せてるのとか、のっぺらぼうだからこその笑いもあったりして、面白かったです...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2015年04月23日

    (15-40) 江戸の同心がのっぺらぼう!つまりあやかしなのに江戸っ子たちはいちいち驚かず、ビックリするなんて田舎もんだねと馬鹿にするという捕り物帳にはビックリだわ。
    これ、人前で読むのはやばいかも・・・、私は何度も笑ったもの。
    でもコミカルなだけじゃなくてちょっとほろ苦かったりして、心に残る。霜島...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2014年07月14日

    久しぶりの霜島ケイさん著書。南町奉行所定町廻り同心の柏木千太郎は、のっぺらぼう。冒頭から、江戸っ子はそんなこと気にしないって言われたら、そんなわけなかろうと突っ込みたくなる。なぜのっぺらぼうなのか、意思の疎通はどうしているのか、素朴な疑問を物語に絡ませてうまく説明してるのでストレス少なく読める。喜怒...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?
    ネタバレ

    Posted by ブクログ 2017年04月15日

    江戸市井人情もの+妖怪というと、畠中恵の「しゃばけ」シリーズをまず思い出す。が、実は俺、このシリーズ途中で挫折してるんねんなぁ。理由はどこまで読んだか分からんようになったから(汗

    ってとこで、若干の苦手意識があるタイプの小説だなぁという第一印象で読み始めたが、なんのなんの、これオモロいやん。「しゃ...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?
    ネタバレ

    Posted by ブクログ 2014年05月16日

    時代ものでも霜島さんらしい、ボケツッコミが健在。
    一番笑ったのが、初さんが千太郎に「一目惚れ」した話(笑)。
    「お顔のさっぱりしたところ」
    うん、たしかにさっぱりしすぎてるわ!

    このレビューは参考になりましたか?

のっぺら あやかし同心捕物控え のシリーズ作品 1~2巻配信中

※予約作品はカートに入りません

1~2件目 / 2件
  • のっぺら あやかし同心捕物控え
    五歳になる小春は、常々不思議に思うことがあった。どうして父上には目と鼻と口がないのかしら? 母上は、 「父上はのっぺらぼうだから」と言うけど、顔がなくても小春は父上のことが大好きだ――家族と人間の仲間に囲まれた心優しいのっぺらぼう千太郎が、鋭い勘と特殊な能力で巷の事件を解決する、妖怪捕物帖!
    カートに入れる

    ブラウザ試し読み

  • ひょうたん のっぺら巻ノ二
    江戸南町奉行所の定町廻り同心、柏木千太郎はのっぺらぼうだ。巷でも隠れた噂になっている「のっぺらぼうはどうやって飯を食っている?」という疑問。その答えは、特殊なひょうたんのおかげだった。しかし、その大事なひょうたんが何者かに盗まれてしまい…。千太郎、飢え死にの危機! ! 家族と人間の仲間に囲まれた心優しいのっぺらぼう千太郎が、鋭い勘と特殊な能力で巷の事件を解決。
    カートに入れる

    ブラウザ試し読み

この本をチェックした人は、こんな本もチェックしています