封殺鬼シリーズ  1 鬼族狩り(小学館キャンバス文庫)

封殺鬼シリーズ  1 鬼族狩り(小学館キャンバス文庫)

作者名 :
通常価格 539円 (490円+税)
獲得ポイント

2pt

    【対応端末】
  • Win PC
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ
    【縦読み対応端末】
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ

※縦読み機能のご利用については、ご利用ガイドをご確認ください

毎日引ける!!!クーポンガチャで最大50%OFFクーポンをGET!

作品内容

【ご注意】※お使いの端末によっては、一部読みづらい場合がございます。お手持ちの端末で立ち読みファイルをご確認いただくことをお勧めします。

「こうみえても、オレは1000年も生きとるんや」と言う、戸倉聖と名乗るその男が現れてから、三沢成樹の周囲で次々と奇怪な事件が起き始める。時空を超えて現代に生きる「鬼」を描く怪奇幻想ワールドの傑作!!

※この商品は紙の書籍のページを画像にした電子書籍です。文字サイズだけを拡大・縮小することはできませんので、予めご了承ください。 試し読みファイルにより、ご購入前にお手持ちの端末での表示をご確認ください。

カテゴリ
小説・文芸
ジャンル
小説 / 国内ホラー
出版社
小学館
掲載誌・レーベル
小学館キャンバス文庫
ページ数
292ページ
電子版発売日
2014年09月12日
コンテンツ形式
EPUB
サイズ(目安)
33MB

関連タグ:

封殺鬼シリーズ  1 鬼族狩り(小学館キャンバス文庫) のユーザーレビュー

    Posted by ブクログ 2011年11月08日

    1巻出たのって93年だったんですねぇ。
    シリーズ読破。

    不老であり1000年以上生き続ける鬼二人が主人公のお話。
    安倍晴明に仕え、以降その家系に仕え続けている鬼。

    雷電こと志島弓生と酒呑童子こと戸倉聖。
    何事も深く重く考え、いつも影を背負っているような弓生。
    ばりばり関西弁で一見能天気な聖。

    ...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2009年10月04日

    父が「鬼になる」と言い残したまま非業の死を遂げて7年。落ち着かない日々を過ごす高校生の三沢成樹の前に、千年以上生きているという鬼”雷電”と”酒呑童子”が現れ、成樹もまた鬼になろうとしていると告げる。二人は成樹を救おうと尽力するが…? 「封殺鬼シリーズ」の中でも、成樹が唯一主人公をつとめる(しかも表紙...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2009年10月04日

    大好きな封殺鬼シリーズの記念すべき第一作目です。とにかく妖怪退治のシーンなど、真言とか出まくりで参考になるシリーズなのです。キャラ作りもとってもお上手で読ませてくれます☆

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2020年11月08日

    なかなか壮絶な鬼の物語

    最後のバトルがたたみかけるハードさで
    映画化かアニメにしたら面白いだろうなぁ

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2012年04月23日

    物語の作りこみ方は今の方が格段に上だけど、文章はもうこの頃からだいぶ安定していたんですね。
    ルルル文庫から入ったのですが、今回某古書店にてキャンバス版を見つけて救出してきました。続きも手に入れられると良いんですが……

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2009年10月04日

    20巻ぐらいで断念してたけど、(長いの苦手)30巻弱ぐらいで完結したっぽいので再読検討中。
    二人の使役鬼のお話。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2009年10月04日

    これを読んで陰陽師とか平安時代とかに興味を持ちました。気になりすぎて本気で酒呑童子伝説を調べて妄想したりしてね!(まじのおたくだ…)

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2009年10月04日

    何気に手にとってみたら、20巻以上続くシリーズものだったのね。時間があるときにでも制覇してみるか。(2004.12.4)

    このレビューは参考になりましたか?
    ネタバレ

    Posted by ブクログ 2011年01月10日

    ルルル文庫読んでから読むとふる~く感じるな。封殺鬼シリーズの一巻。
    最近身の回りにおかしなことばかりが起こる高校生の三沢成樹。
    ある日、千年以上生きる「鬼」という聖と弓生に出会う。
    彼らは安倍清明の流れを汲むある男を捜していて・・・。
    坂上田村麻呂&鈴鹿御前等々も関わってくるお話となっております。

    このレビューは参考になりましたか?

封殺鬼シリーズ(小学館キャンバス文庫) のシリーズ作品 1~28巻配信中

※予約作品はカートに入りません

1~28件目 / 28件
  • 封殺鬼シリーズ  1 鬼族狩り(小学館キャンバス文庫)
    【ご注意】※お使いの端末によっては、一部読みづらい場合がございます。お手持ちの端末で立ち読みファイルをご確認いただくことをお勧めします。 「こうみえても、オレは1000年も生きとるんや」と言う、戸倉聖と名乗るその男が現れてから、三沢成樹の周囲で次々と奇怪な事件が起き始める。時空を超えて現代に生きる「鬼」を描く怪奇幻想ワールドの傑作!! ※この商品は紙の書籍のページを画像にした電子...
  • 封殺鬼シリーズ  2 妖面伝説(小学館キャンバス文庫)
    【ご注意】※お使いの端末によっては、一部読みづらい場合がございます。お手持ちの端末で立ち読みファイルをご確認いただくことをお勧めします。 志島弓生と戸倉聖は、千年も生き続けている現代の鬼だ。それだけに2人には、さまざまな能力が備わっている。邪悪な怨霊を鎮めるのが、彼らの仕事だ。今回の仕事は、鎌倉が舞台。先行した霊鎮めの者が2人も殺された。 ※この商品は紙の書籍のページを画像にし...
  • 封殺鬼シリーズ  3 朱の封印(小学館キャンバス文庫)
    【ご注意】※お使いの端末によっては、一部読みづらい場合がございます。お手持ちの端末で立ち読みファイルをご確認いただくことをお勧めします。 2月。東京に深紅の雪が降った。赤い雪雨は過去に10回記録があると言われ、雪国では赤い雪が降ると雪女が現れるという伝説があり、妖魔の目覚めを意味する。そんな時、三沢成樹は、自分の内にいる四性の鬼の力が次第にコントロールできなくなりつつあった。 ※...
  • 封殺鬼シリーズ  4 ぬばたまの呪歌(小学館キャンバス文庫)
    【ご注意】※お使いの端末によっては、一部読みづらい場合がございます。お手持ちの端末で立ち読みファイルをご確認いただくことをお勧めします。 東京には、2月の紅雪が警告した妖気の影響が、次第に現れ始めていた。通り魔的な殺人事件や事故が続き、加えて局地的に生じる地震は、東京の竜脈(大地に流れる生気)に狂いが生じつつあることを示していた。 ※この商品は紙の書籍のページを画像にした電子書...
  • 封殺鬼シリーズ  5 邪神は嗤う(小学館キャンバス文庫)
    【ご注意】※お使いの端末によっては、一部読みづらい場合がございます。お手持ちの端末で立ち読みファイルをご確認いただくことをお勧めします。 かつて、1000年の昔。弓生が師とも神とも崇めた安倍晴明を殺した蘆屋道満。九天地会の知徳こそ、道満が甦った姿だった。それと気づいた弓生だが、道満への怨みと「二度と怨鬼にはならぬ」という晴明との約束の板挟みで悩み続ける。 ※この商品は紙の書籍のペ...
  • 封殺鬼シリーズ  6 紺青の怨鬼(小学館キャンバス文庫)
    【ご注意】※お使いの端末によっては、一部読みづらい場合がございます。お手持ちの端末で立ち読みファイルをご確認いただくことをお勧めします。 東京を守護していた風水が破られ、遂に、平将門の怨霊が復活した!! 苛烈な破壊活動を行う将門。一方、聖は単身蘆屋道満に戦いを挑むが、将門の怨霊を宿す良門によって倒されてしまう。果たして聖は死んだのか!? ※この商品は紙の書籍のページを画像にし...
  • 封殺鬼シリーズ  7 闇常世(小学館キャンバス文庫)
    【ご注意】※お使いの端末によっては、一部読みづらい場合がございます。お手持ちの端末で立ち読みファイルをご確認いただくことをお勧めします。 道満によって殺されたと思われた聖が生きていた!! しかし、それは術によって肉体が凍結され、魂が分離した状態であるという。怨鬼と化した弓生は、復讐のため道満の本拠を衝く。壮絶な戦いが開始されるが!? ※この商品は紙の書籍のページを画像にした電...
  • 封殺鬼シリーズ  8 修羅の降る刻(小学館キャンバス文庫)
    【ご注意】※お使いの端末によっては、一部読みづらい場合がございます。お手持ちの端末で立ち読みファイルをご確認いただくことをお勧めします。 神島桐子の力によって死の淵から甦った聖は弓生、成樹と協力して蘆屋道満を滅すべく奥多摩山中へと向かう。一方、平将門を調伏するのは、陰陽道本家の当主達。本シリーズの登場人物たちが総登場のクライマックス!! ※この商品は紙の書籍のページを画像にし...
  • 封殺鬼シリーズ  9 鳴弦の月(小学館キャンバス文庫)
    【ご注意】※お使いの端末によっては、一部読みづらい場合がございます。お手持ちの端末で立ち読みファイルをご確認いただくことをお勧めします。 話は、平安時代に遡る。大江山で鬼を率いる酒呑童子(聖)は、ある夜、都で盗みに入る家を物色している時、安倍晴明に出会う。晴明は、彼を「鬼同丸」と呼び、彼が不死の運命をもつ鬼であることを告げるのだが……。 ※この商品は紙の書籍のページを画像にした...
  • 封殺鬼シリーズ 10 花闇を抱きしもの 上(小学館キャンバス文庫)
    【ご注意】※お使いの端末によっては、一部読みづらい場合がございます。お手持ちの端末で立ち読みファイルをご確認いただくことをお勧めします。 大正15年、冬。幼い少女ばかりを殺害する妖怪が帝都に出現した。弓生と聖は、神島の当主継承を目前にした神島桐子と共に事件の対処にあたるが…。天才術師と謳われた神島桐子の波乱に富んだ若き日の姿を描く感動物語。 ※この商品は紙の書籍のページを画像にし...
  • 封殺鬼シリーズ 11 花闇を抱きしもの 下(小学館キャンバス文庫)
    【ご注意】※お使いの端末によっては、一部読みづらい場合がございます。お手持ちの端末で立ち読みファイルをご確認いただくことをお勧めします。 関東大震災直後の帝都東京。政府は帝都復興院を創設したが、わずか3か月で廃止。その裏には、とてつもない陰謀が…!?1000年もの時を生きた鬼…弓生と聖を供に、陰陽師家の当主たらんとする若き神島桐子が大活躍!! ※この商品は紙の書籍のページを画像にした...
  • 封殺鬼シリーズ 12 マヨイガ (上)(小学館キャンバス文庫)
    【ご注意】※お使いの端末によっては、一部読みづらい場合がございます。お手持ちの端末で立ち読みファイルをご確認いただくことをお勧めします。 東北の民話の里遠野で異変発生!野坂三吾の実家・御景家の陰陽師4人が、地元の陰陽師を殺して行方を断った。異様さを感じた三吾は遠野へ飛ぶ。続いて千年鬼志島弓生も後を追うが…。大人気シリーズ、新構想で再開! ※この商品は紙の書籍のページを画像にした...
  • 封殺鬼シリーズ 13 マヨイガ (中)(小学館キャンバス文庫)
    【ご注意】※お使いの端末によっては、一部読みづらい場合がございます。お手持ちの端末で立ち読みファイルをご確認いただくことをお勧めします。 遠野での殺人事件に、三吾と弓生は現地へ飛んだ。しかしそこは謎だらけの土地。弓生は三吾を助けるために傷を負う。だが、その傷によって、弓生は見知らぬ異界へと誘い込まれる。そして、そここそが「マヨイガ」。 ※この商品は紙の書籍のページを画像にした...
  • 封殺鬼シリーズ 14 マヨイガ (下)(小学館キャンバス文庫)
    【ご注意】※お使いの端末によっては、一部読みづらい場合がございます。お手持ちの端末で立ち読みファイルをご確認いただくことをお勧めします。 遠野殺人事件は、実行者である御景家の術者4名が何者かによって操られていたもよう。それは一体誰なのか。千年鬼弓生と聖が戦いを挑む。だが、その裏には凶星の存在があり問題は更に大きく、複雑な様相を呈して…! ※この商品は紙の書籍のページを画像にした...
  • 封殺鬼シリーズ 15 影喰らい(小学館キャンバス文庫)
    【ご注意】※お使いの端末によっては、一部読みづらい場合がございます。お手持ちの端末で立ち読みファイルをご確認いただくことをお勧めします。 時は平安。人の影を喰らい、食われた人間は3日もたたずに死ぬという「影喰らい」が世を騒がせていた。安倍家の使役鬼、鬼同丸と雷電は、影喰らい退治に乗り出すが、その正体は、いったい何者か?意外な事実が…!? ※この商品は紙の書籍のページを画像にした...
  • 封殺鬼シリーズ 16 夢埋みの郷(小学館キャンバス文庫)
    【ご注意】※お使いの端末によっては、一部読みづらい場合がございます。お手持ちの端末で立ち読みファイルをご確認いただくことをお勧めします。 国土安定の願いを込めて、古の人々が建立した各地の寺社。それらの中の諏訪大社と鹿島神宮が何者かの策略によって骨抜きにされようとしている。2人の鬼、弓生と聖は、その新たなる敵に挑戦。戦いが再び始まる!! ※この商品は紙の書籍のページを画像にした電...
  • 封殺鬼シリーズ 17 紅蓮天女(小学館キャンバス文庫)
    【ご注意】※お使いの端末によっては、一部読みづらい場合がございます。お手持ちの端末で立ち読みファイルをご確認いただくことをお勧めします。 鹿島神宮、諏訪大社と、たて続けに起こった異変に、佐穂子は諏訪に乗り込んだ。が、佐穂子の周りには、不思議がいっぱい!!いったい何が善で、何が悪か。千年も生き続けた鬼、弓生と聖の活躍が、再び開始される!! ※この商品は紙の書籍のページを画像にし...
  • 封殺鬼シリーズ 18 まほろばの守人(小学館キャンバス文庫)
    【ご注意】※お使いの端末によっては、一部読みづらい場合がございます。お手持ちの端末で立ち読みファイルをご確認いただくことをお勧めします。 信州・鬼無里の鬼女が目覚める…。凶星を巡る天狗との戦いの中で、ついに場は信州へと移った。信州へ乗り込む2人の鬼、弓生と聖は、そこで奇妙な一族《柵》を知る。天狗、鬼、柵一族。三つ巴の戦いが、ついに開始! ※この商品は紙の書籍のページを画像にした...
  • 封殺鬼シリーズ 19 追儺幻抄(小学館キャンバス文庫)
    【ご注意】※お使いの端末によっては、一部読みづらい場合がございます。お手持ちの端末で立ち読みファイルをご確認いただくことをお勧めします。 信州・鬼無里に鬼女が出現。担当陰陽師である秋川佐穂子が現地に飛んだが、そこには鬼女を守る柵一族がいた。現代に生きる天狗も介入。混乱を極める。歴史の闇の中、もつれた糸が、ほぐれだしたかに見えたが…!? ※この商品は紙の書籍のページを画像にした電...
  • 封殺鬼シリーズ 20 陰月の冠者(小学館キャンバス文庫)
    【ご注意】※お使いの端末によっては、一部読みづらい場合がございます。お手持ちの端末で立ち読みファイルをご確認いただくことをお勧めします。 凶星出現の危機が刻々と迫るなか、暗躍する天狗はついに「本家」の主家たる神島への攻撃を開始。1000年もの長い年月、神島本家の使役鬼であった弓生と聖は迎え討とうとするが…。大人気の伝奇シリーズ、新章突入!! ※この商品は紙の書籍のページを画像にした...
  • 封殺鬼シリーズ 21 昏き神々の宴(小学館キャンバス文庫)
    【ご注意】※お使いの端末によっては、一部読みづらい場合がございます。お手持ちの端末で立ち読みファイルをご確認いただくことをお勧めします。 中央に乞われ、鹿島神宮に赴いた弓生と聖はそこで起こった怪異を目の当たりにする。そしてついに、かつて抹殺された神が人々の前に姿を現わした!怨念こもる茨城の地で、2人の鬼を待ちうけていた過酷な運命とは…? ※この商品は紙の書籍のページを画像にした...
  • 封殺鬼シリーズ 22 忌みしものの挽歌(小学館キャンバス文庫)
    【ご注意】※お使いの端末によっては、一部読みづらい場合がございます。お手持ちの端末で立ち読みファイルをご確認いただくことをお勧めします。 夜刀の神に取り憑かれ、人を殺してしまった聖。ついに人間から追われる身となった聖と弓生に、果たして活路はあるのか。そして、すべての鍵を握る柿色の衣をまとう鬼の正体とは?いよいよ佳境に入る人気シリーズ。 ※この商品は紙の書籍のページを画像にした...
  • 封殺鬼シリーズ 23 炎華の断章(小学館キャンバス文庫)
    【ご注意】※お使いの端末によっては、一部読みづらい場合がございます。お手持ちの端末で立ち読みファイルをご確認いただくことをお勧めします。 物の怪に取りつかれていたとは言え、人1人殺してしまった鬼の1匹、聖。追及の手は厳しく、2匹の鬼、弓生と聖を次第に追いつめてゆく。聖を愛する佐穂子は、彼等を助けるべく動き出すが…。好評シリーズ第23弾! ※この商品は紙の書籍のページを画像にした電子...
  • 封殺鬼シリーズ 24 黒白の絆(小学館キャンバス文庫)
    【ご注意】※お使いの端末によっては、一部読みづらい場合がございます。お手持ちの端末で立ち読みファイルをご確認いただくことをお勧めします。 天狗の仕掛けにはまり、魔都と化した新宿に迷い込んだ成樹。彼を救い出そうと、聖と弓生の2人の鬼が動き出す。身の内に宿る四天鬼を操る成樹。すさまじいバトルの中、新宿はいったい…!?好評シリーズ第24弾!! ※この商品は紙の書籍のページを画像にした電...
  • 封殺鬼シリーズ 25 玉響に散りて(小学館キャンバス文庫)
    【ご注意】※お使いの端末によっては、一部読みづらい場合がございます。お手持ちの端末で立ち読みファイルをご確認いただくことをお勧めします。 地上に破滅をもたらす凶星との戦いを目前にして、鬼つかいの神島家当主、隆仁の最後の命令が降った。死の床にあって、隆仁がとった決断とは!?鬼つかいの死は果たして人々に何をもたらすのか?いよいよ最終決戦!! ※この商品は紙の書籍のページを画像にし...
  • 封殺鬼シリーズ 26 終の神話・天泣の章(小学館キャンバス文庫)
    【ご注意】※お使いの端末によっては、一部読みづらい場合がございます。お手持ちの端末で立ち読みファイルをご確認いただくことをお勧めします。 凶星との戦いが、思いもかけず神との戦いへと発展。それに臨むべく結束した陰陽師「本家」の次期当主達と2人の鬼。1000年の時を生き抜いた2人の鬼を中心とした彼らに、果たして、勝算はあるのか!遂に決戦の時、迫る。 ※この商品は紙の書籍のページを画像に...
  • 封殺鬼シリーズ 27 終の神話・地号の章(小学館キャンバス文庫)
    【ご注意】※お使いの端末によっては、一部読みづらい場合がございます。お手持ちの端末で立ち読みファイルをご確認いただくことをお勧めします。 災厄の源、凶星の出現は、2人の鬼と陰陽師「本家」の若き次期当主たちの結束を強めた。凶星を利用する天狗との戦いは、やがて日本各地に広がり、悪神との戦いに発展。それは、世に混乱と破滅を招くかに見えたが…! ※この商品は紙の書籍のページを画像にした...
  • 封殺鬼シリーズ 28 終の神話・人祇の章(小学館キャンバス文庫)
    【ご注意】※お使いの端末によっては、一部読みづらい場合がございます。お手持ちの端末で立ち読みファイルをご確認いただくことをお勧めします。 弓生と聖は天狗によって囚われてしまう。四天鬼を使って二人を救出しようと試みる成樹。だが天津甕星の出現は、刻々とせまっていた…。それぞれの決意を胸に、戦いの場に臨む『本家』の次期当主たち。星神を封じるべく、果たして二人の鬼たちは、神剣を鹿島へ...

この本をチェックした人は、こんな本もチェックしています