有料版の購入はこちら
通常価格: 462円
 (420円+税)
獲得ポイント:

2pt

新刊オート購入

たーたん 1 のユーザーレビュー

感情タグBEST3

    たーたん

    mouse-monkey 2020年07月18日

    面白かったです。絵がとてもかわいくて好きです。

    このレビューは参考になりましたか?
    購入済み

    なんだかあったかい気持ちになる

    blueforest 2020年04月20日

    お父さんが可愛くて、元気いっぱいの鈴ちゃんとのやりとりがほのぼのして、素敵な親子だなーと。この先どんなふうに打ち明けていくのか、気になる

    このレビューは参考になりましたか?
    無料版購入済

    素敵な親子

    mitten 2021年05月15日

    血の繋がりはないけれど、仲の良い親子関係を築けていて素敵だなと思います。
    ただ娘の鈴ちゃんはその事実を何も知らなくて、父はいつ打ち明けようか気が気ではありせん。
    事実を知っても、2人は信頼関係を築いているので大丈夫だと思います。
    うん、きっと大丈夫!!!私はそう願っています。
    2人が今後どう...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    少し展開が遅く感じる

    アキラ 2020年10月10日

    少し展開が遅く感じるが漫画は読みやすく絵も綺麗だと思う。またキャラクター感もリアルな距離感、関係性でよかった。ただ展開がなかなか進まなくて残念。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2016年09月17日

    久々に西炯子さんの作品では興味がある作品(他が嫌いな訳ではないのですが)。あまり茶化すような事なく、心の機微に触れるようなお話になるのを期待します。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2020年04月06日

    設定が面白い。主要人物の性格が良くて、読んでいて嫌な気持ちになる事がない。後、おっさんが可愛らしく描いていてそこがまたストレスフリーだった。

    このレビューは参考になりましたか?
    ネタバレ購入済み

    せつなく面白い

    たかQ 2021年02月11日

    良いことをしているのに悪いことをしている。
    そんな気持ちで読んでいます。
    来なければいい期日を切に願いながらあと少し日常が続いてもらいたいけど、それは逆に相手を苦しめることになるのかもしれず、難しい問題を解くようなストーリー展開に今後も期待しています。

    このレビューは参考になりましたか?
    ネタバレ無料版購入済

    もどかしい

    よりより 2021年05月14日

    親友の娘をかわりにひきとる。職場では他の人の仕事をかわりに引き受ける。人がいいけど大切なことを話し出せなくて・・・。読んでいてもどかしかったです。

    このレビューは参考になりましたか?

たーたん のシリーズ作品 1~4巻配信中

※予約作品はカートに入りません

1~4件目 / 4件
  • たーたん 1
    462円(税込)
    15年前、全く冴えない28歳の童貞男だった上田敦は、 友人から赤ん坊を預かる。その友人は殺人を犯し刑務所に入ったのだ。 赤ん坊の名は鈴。敦は鈴を娘として懸命に育てた。 鈴は父を「たーたん」と呼ぶ。 父は出生について娘に何も話していない。鈴は何も知らない。 ワケあり父娘の心ヒリヒリコメディ! 西炯子初の青年漫画誌連載作にして意欲作、待望の単行本第1巻。 ビッグコミックオリジナルにてシリー...
  • たーたん 2
    462円(税込)
    奇跡の父娘の奇跡の物語!! チェリーボーイのまま父になった男“たーたん”と思春期真っ只中の女子中学生“鈴”の、ワケあり父娘の心ヒリヒリコメディ! 血の繋がらぬ父娘は何より固い絆で結ばれていたはずだった。 なのに、父に人生初のモテ期が到来し、娘は自分の出生を探り始め… 父娘関係、グラグラでハラハラの第2巻!!!!
  • たーたん 3
    462円(税込)
    童貞のまま父になった男と15歳の娘。二人は本当の父娘ではない。15年前、殺人を犯した友人から赤ん坊を預かったのだ。思春期の娘は、死んだはずの母を生きていると思い始め?ワケアリ父娘の心ヒリヒリコメディ!
  • たーたん 4
    462円(税込)
    中3の娘のこれがホントの自分探し?家出? 父・上田敦と中学3年の娘・鈴は血の繋がらない親子だ。 15年間、今の今まで、敦はそのことを鈴に隠してきた。 「わたしのお母さんは死んだのではなく、どこかで生きているのだ」 と確信した鈴は、夏休みに同級生の吉川さんと二人で 家出をする。 父・敦の生まれ育った大阪へ、自分を探しに行く。

この本をチェックした人は、こんな本もチェックしています