封殺鬼 帝都万葉

封殺鬼 帝都万葉

作者名 :
通常価格 583円 (530円+税)
紙の本 [参考] 586円 (税込)
獲得ポイント

2pt

    【対応端末】
  • Win PC
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ
    【縦読み対応端末】
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ

※縦読み機能のご利用については、ご利用ガイドをご確認ください

毎日引ける!!!クーポンガチャで最大50%OFFクーポンをGET!

作品内容

待望の新章!霊障と簪をつなげる因縁とは?

武見志郎が手にした曰くありげな簪には、黒い蛇のような影が絡みついていた。一方、神島桐子はに二人の鬼・戸倉聖と志島弓生を連れて東京に入り、悪夢騒ぎを追っていた。二つの出来事をつなげる鍵は、簪に覚えがあると語る記憶喪失の「しゃべる達磨」で……? 大人気シリーズ、待望の新作が登場! 周囲から結婚を迫られつつある桐子と、彼女を憎からず思う志郎の関係にも進展が!?

※この作品は底本と同じクオリティのイラストが収録されています。

カテゴリ
ライトノベル
ジャンル
女性向けライトノベル / ルルル文庫
出版社
小学館
掲載誌・レーベル
ルルル文庫
ページ数
256ページ
電子版発売日
2013年04月19日
紙の本の発売
2011年01月
コンテンツ形式
EPUB
サイズ(目安)
4MB

関連タグ:

封殺鬼 帝都万葉 のユーザーレビュー

    Posted by ブクログ 2011年07月10日

    帝都で広がる霊障騒ぎに何やら絡んできた武見の持っていた簪。
    その簪のいわくを追ううちに達磨に憑いた霊と、昔男と心中した女が何らかの関係があることがわかったが・・・
    この「桐子シリーズ」好きです。強がりな桐子とそれを甘やかしたり見守る鬼たち。
    クスっと笑える件もチョコチョコあって飽きません。
    今回は冷...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2011年07月16日

    桐子ちゃんがちょーかわいい〜〜。なんだあのかわいさは。志朗さん、抱きしめてあげて〜。きっとぶっ飛ばされるけど。うう、この時代シリーズいいなあ。でも本編で志朗さんとかあんま幸せそうっぽくなかったような気が。うろ覚えだが。ちょっと心配。「時間を止めたがっている」とゆう弓生の言葉にずしっときた。ああ、長い...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2012年04月19日

    見合い話を避けるため、桐子は悪夢を探るという名目で上京する。しかしそれは志郎の怪しげな簪ともつながっていた。

    いつも複数巻構成なので、いささか物足りない気がしました。
    桐子が恋について考えるくだりは噂にたがわぬかわいさ。
    鵺子ドリに比べると平和な一冊です。

    このレビューは参考になりましたか?
    ネタバレ

    Posted by ブクログ 2011年05月15日

    安倍晴明の陰陽道を継ぐ本家と安倍晴明が使役に下した2人の鬼の話で本編は現代の話で一応完結しています。

    そして、新に始まったのは、現神島当主代行、神島達彦の祖母、先々代の鬼遣い、神島桐子さまと2人の鬼、弓生(雷電)・聖(酒呑童子)の話です。

    私、現代版に出てきたときから、この神島桐子さまが好きで、...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?
    ネタバレ

    Posted by ブクログ 2011年03月21日

    封殺鬼シリーズ、桐子編の続き。
    今回は粋な芸者の姐さんと男気ある「達磨」が、重い話に彩りを添えている。
    鬼二人も相変わらずだが、桐子が主人公の位置にいるためか、あまり活躍がなかったような・・・。
    やはり弓生と聖の見せ場も欲しいなあ、と。
    そしていつか現代編も再開してもらえたらもっとうれしい(現代編の...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?
    ネタバレ

    Posted by ブクログ 2012年07月10日

    桐子が恋というものがどんなものなのか悩む様子が可愛い!
    芸者の幽霊との会話が面白くて、可愛くてとてもよかった。
    本家からの見合い話の件で、言いなりになどならない、犠牲になる気などなく神島を絶やしてもいいという桐子の凄みに惚れ惚れとしました。

    志朗との関係が進むほどに、未来を思って切なくなります。

    このレビューは参考になりましたか?
    ネタバレ

    Posted by ブクログ 2011年08月03日

    今までの封殺鬼と比べれば、甘い一冊。
    でも内容自体は・・・今後に繋がる部分、とでも言いましょうか。
    単純に恋愛物が苦手なんだろうなぁ、な一冊。ふふふ。

    このレビューは参考になりましたか?

この本をチェックした人は、こんな本もチェックしています