鈴木光司の一覧

「鈴木光司」の新着作品・人気作品や、最新のユーザーレビューをお届けします!

プロフィール

  • 作者名:鈴木光司(スズキコウジ)
  • 性別:男性
  • 生年月日:1957年05月13日
  • 出身地:日本 / 静岡県
  • 職業:作家

慶應義塾大学文学部仏文科卒。1990年『楽園』でデビュー。同作は日本ファンタジーノベル大賞優秀賞受賞。『リング』、『らせん』、『仄暗い水の底から』などの代表作はすべて映画化されている。『らせん』では第17回吉川英治文学新人賞を受賞している。

値引き作品コーナー

値引き
なぜ勉強するのか?

作品一覧

2019/12/23更新

ユーザーレビュー

  • リング

    何年ぶりかで

    再読しました。

    初めて読んだのは高校生の頃で、その後映画が大ヒットし、貞子そのものがコンテンツのようになり···映画も怖かったですが、この作品はやっぱり小説の方が怖いな、と改めて思いました。

    得体が知れないのが一番恐怖です。
  • ブルーアウト
    1890年和歌山県串本町で起きたエルトゥールル号遭難事故。その際に生まれた日本とトルコの繋がり。それぞれの子孫が一世紀以上の時を経て出会い、過去の記憶を掘り起こし、未来に繋いでいく。

    歴史としての興味から手に取ったが、生命誕生の奇跡と人生における出会いの大切さ、そしてだからこそ生きて命を繋いでいく...続きを読む
  • リング
    映画化されて、テレビから何やら不気味な長髪の女が這い出てくるホラー作品という印象が強いが、原作シリーズはホラーというよりSFに近いとてもよくできたサスペンスとなっている。

    終始ハラハラさせてくれた数少ない面白いホラー小説。
  • ループ
    シリーズ最高傑作。完成度の高い前2作をもってして、この続編を仕上げるのは天才的。 内容的にも非常に引き込まれる
  • ループ
    リングはホラー
    らせんは科学
    本作ループは科学を超えた哲学的な話と言っても良いのではないでしょうか!

    生物の成り立ちを研究している学者は地球に生命が誕生した事を有り得ないぐらいの奇跡が起きたと言っています。
    反対に宇宙を研究する学者は宇宙が有限で無ければ生命が誕生する奇跡は起きると言っているそうで...続きを読む