「鈴木光司」おすすめ作品一覧

「鈴木光司」の新着作品・人気作品や、最新のユーザーレビューをお届けします!

プロフィール

  • 作者名:鈴木光司(スズキコウジ)
  • 性別:男性
  • 生年月日:1957年05月13日
  • 出身地:日本 / 静岡県
  • 職業:作家

慶應義塾大学文学部仏文科卒。1990年『楽園』でデビュー。同作は日本ファンタジーノベル大賞優秀賞受賞。『リング』、『らせん』、『仄暗い水の底から』などの代表作はすべて映画化されている。『らせん』では第17回吉川英治文学新人賞を受賞している。

無料・値引き作品コーナー

作品一覧

2016/05/25更新

ユーザーレビュー

  • ループ
    リングはホラー
    らせんは科学
    本作ループは科学を超えた哲学的な話と言っても良いのではないでしょうか!

    生物の成り立ちを研究している学者は地球に生命が誕生した事を有り得ないぐらいの奇跡が起きたと言っています。
    反対に宇宙を研究する学者は宇宙が有限で無ければ生命が誕生する奇跡は起きると言っているそうで...続きを読む
  • リング
    映画を観たのは何年まえだろう?

    映画は呪いのビデオの不気味さと貞子の容姿が怖かった。たしか松嶋菜々子と真田広之が出ていたと記憶しております。


    さて原作の方はというと浅川(松嶋菜々子)は男で竜司(真田広之)はちょっと品が無い。
    しかし行間からヒシヒシと伝わって来る不気味な恐怖は有る。

    映画の方...続きを読む
  • リング
    学生の時に読んで、夢中になった。
    呪いのビデオなどという陳腐になりがちな設定が、これほどまでに怖く面白いストーリーになるとは!
    ものすごく大掴みな言い方をすると、小説はストーリーや謎解きの面白さが、映画は貞子の怖さが、それぞれ際立っている。小説は小説の、映画は映画のそれぞれ違った面白さを読者(観客)...続きを読む
  • リング
     「貞子」と聞いて、ピンと来ない方はいないのではないでしょうか。日本のホラーブームに火をつけた一冊です。・・・が、実は、ブームになるずっと前にこの小説が書かれていたことはあまり知られていません。(表紙がビデオテープの単行本)
  • ループ
    さぁ、
    3部作最後の作品ループです!
    うっすらでした!
    ほとんど覚えてなかった笑

    高山竜司がループから現実に行ったのは覚えてたんですが、
    それだけ。。。
    どうやって終わったのかも覚えてなかったわぁー。

    ループの主人公は馨です!

    この世界は「転移性ヒトガンウィルス」のせいで滅ぶんじゃないか?
    ...続きを読む

特集