鈴木光司の一覧

「鈴木光司」の新着作品・人気作品や、最新のユーザーレビューをお届けします!

プロフィール

  • 作者名:鈴木光司(スズキコウジ)
  • 性別:男性
  • 生年月日:1957年05月13日
  • 出身地:日本 / 静岡県
  • 職業:作家

慶應義塾大学文学部仏文科卒。1990年『楽園』でデビュー。同作は日本ファンタジーノベル大賞優秀賞受賞。『リング』、『らせん』、『仄暗い水の底から』などの代表作はすべて映画化されている。『らせん』では第17回吉川英治文学新人賞を受賞している。

作品一覧

2020/10/02更新

ユーザーレビュー

  • リング

     浅川は、竜司の親友を救いたいという行動が唯一無二の事だったと後になって気づく。
     結果的に、全ての行動がそれを証明していた。ここが共感できてとても切なかった。

     映画とは別物で良い本でした。
  • エッジ 下
    上巻からの物語を引き継いで徐々に判明していく全貌がとても恐ろしく描写される。
    冴子の父、羽柴、北村の息子などなど冴子の周囲の人物の最後に涙する。
  • 貞子怪談
    貞子の呪いは伝播するーー。 ある学校に静かに伝わる不気味なおまじない。それは「あることをすると、”サダコ”が井戸の底からやって来る」というものだ。やがて、あることを実行した者達の回りでおかしな事が起こり始め……。 *** 言わずと知れたジャパニーズホラーの金字塔『リング』より山村貞子が児童書ホラーに...続きを読む
  • リングシリーズ【4冊 合本版】 『リング』~『バースデイ』

    おもしろい!

    『リング』『らせん』は単発で読んだのですが、復習も兼ねて一気に読みたくなり合本版を購入。
    初めから読んで良かったです。
    長いけど一気にいきました。
    最後は話が繋がり満足しました。
  • 鋼鉄の叫び
    作者はリングシリーズの鈴木光司さん。

    特攻をテーマにしておりこの本の厚さから『永遠の0』を思い出してしまう。

    主人公はテレビディレクターの雪島忠信、人妻である倉沢菜都子と不倫中!?
    そんな雪島がある時ほんの閃きから神風特攻隊をテーマとしたテレビ番組を作りたいという気持ちに駆られてしまう?
    雪島と...続きを読む