着物憑き

着物憑き

作者名 :
通常価格 1,386円 (1,260円+税)
紙の本 [参考] 1,540円 (税込)
獲得ポイント

6pt

    【対応端末】
  • Win PC
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ
    【縦読み対応端末】
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ

※縦読み機能のご利用については、ご利用ガイドをご確認ください

【ニコニコカドカワ祭り2021開催中】マンガ・書籍が50%OFF!人気作品がまるごと1巻無料で読める期間限定無料作品も要チェック★

作品内容

着物は選ぶものではない。着物が人を選ぶのだ。糸に布に織りに――。入り組んだ情念を身にまとうとき、怪しい気配が立ちのぼる。日本古来の呪術・風水・民俗学などに造詣が深く、豊富な心霊体験を持ち、様々な分野で活躍する作家・加門七海氏。日常的に着物やアンティークを身につける本人の実体験や見聞きした逸話の数々……着物をめぐる怪しくも深遠な世界が綴られる十一章。

カテゴリ
小説・文芸
ジャンル
エッセイ・紀行 / エッセイ
出版社
集英社
掲載誌・レーベル
集英社ノンフィクション
ページ数
256ページ
電子版発売日
2020年01月31日
紙の本の発売
2019年11月
コンテンツ形式
EPUB
サイズ(目安)
1MB

着物憑き のユーザーレビュー

感情タグBEST3

感情タグはまだありません

    Posted by ブクログ 2021年01月11日

    これは、着物好きな方にもおすすめの興味深い本。

    霊やオカルトに詳しい加門七海さん。お祖母さんの代からの着物好き。一緒に暮らしていた母親は、特に着物好き。子供時代から、七海さんはお母さんから着物仕立ててもらっていた。
    着物自体が大好きで、それを着ている自分が心地いい。
    30歳も過ぎると、自分で着付け...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2021年02月10日

     この方は、自分の体験を小説にされているので、この本もそういうモノだと思って面白く読みました。
     着物こ怪談が好きな方は楽しめます。
     この本で、一番怖いなと思ったのは、図書の分類番号が913.6(小説)ではなく、914.6(随筆・エッセイ)だった事。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2021年07月25日

    「着物憑き」というタイトル。「きものつき」と読むのでしょうが、「きものづき」と読んで、「きものずき」と呼ばせたかったのではないか。
    好きだから憑かれるのか。憑かれたから好きなのか。読後がどちらともいえない、どちらともありえる、という感覚になったからでしょう。

    「古着」の話が、「憑く」という想いにつ...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2020年10月04日

    着物好きの筆者の古い着物にまつわるエッセイ集

    「憑き」というのは自分が着物にのめりこんでいることと古い着物に憑いている何かのダブルミーニング

    怪談的なものを期待して読んだけどそれほど怖くなく、着物とのかかわりと少し不思議な話という感じ。

    この世にもうないものを感じる筆者であるらしいのでもっと怖...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?
    ネタバレ

    Posted by ブクログ 2020年06月25日

    よくあるお着物エッセイと思ってたら、時々なんか出て来る。お化け関係がΣ(゚Д゚)身につけるものが古くなって持ち主が変わると、何か言いたくなるのねえ。文句言いに出てこられるのはやだなあ(¯―¯٥古すぎるものは、遠目に見てるのがいいのね。あら綺麗ね〜って。着物の話と、軽めの怪談と、両方楽しめてお得でした...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

この本をチェックした人は、こんな本もチェックしています

関連書籍

集英社ノンフィクション の最新刊

無料で読める エッセイ・紀行

エッセイ・紀行 ランキング