怪談実話系/愛 書き下ろし怪談文芸競作集

怪談実話系/愛 書き下ろし怪談文芸競作集

作者名 :
通常価格 523円 (476円+税)
紙の本 [参考] 715円 (税込)
獲得ポイント

2pt

    【対応端末】
  • Win PC
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ
    【縦読み対応端末】
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ

※縦読み機能のご利用については、ご利用ガイドをご確認ください

毎日引ける!!!クーポンガチャで最大50%OFFクーポンをGET!

作品内容

辻村深月、香月日輪、加門七海、福澤徹三、高野秀行、黒史郎、松村進吉、小島水青、田辺青蛙、岩井志麻子といった人気作家から新進気鋭の作家まで、「愛」をテーマに怪談を書き下ろし。豪華な競作集。人気シリーズ、第10弾。

カテゴリ
小説・文芸
ジャンル
小説 / 国内ホラー
出版社
KADOKAWA
掲載誌・レーベル
MF文庫ダ・ヴィンチ
電子版発売日
2014年04月11日
紙の本の発売
2013年11月
サイズ(目安)
1MB

怪談実話系/愛 書き下ろし怪談文芸競作集 のユーザーレビュー

    Posted by ブクログ 2019年12月13日

    辻村深月さんの話は怪談だけど、ちょっとホッとする。
    香月日輪さん、初めて読んだ。人間がこわい。
    加門七海さん、福澤さんはさすがの貫禄。
    高野秀行さんのタイのピーの話。数年前も映画になっていたが、ピーがどういうものかよくわからなかった。ちょっとわかった気がする。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2014年04月10日

    今回のテーマは「愛」。
    うすぐら~い印象になりますね、怪談のテーマが愛だと。そういう印象持つのは、愛っていうハッピーなイメージと同じぐらいに、どろどろした憎しみのイメージがあるからでしょうね。

    そんな恋愛したことないですが。

    全話通じて、過ぎたるは及ばざるが如し、っていうのが思い浮かびます。なん...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2016年06月12日

    やっぱり生霊の話が一番怖いな。今回はまさかの高野秀行さんが寄稿されていたので、私にとっては二度おいしい本でした。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2014年03月20日

    辻村深月さん目当てで購入しました。涙と戦慄なしには読めない愛の怪談ということなのですが、期待したほどではないような・・・ もっとドロドロしたものかと思いましたが 意外とそうでもなかったです。

    このレビューは参考になりましたか?

この本をチェックした人は、こんな本もチェックしています