「高野秀行」おすすめ作品一覧

「高野秀行」の新着作品・人気作品や、最新のユーザーレビューをお届けします!

配信予定・最新刊

作品一覧

2018/01/12更新

ユーザーレビュー

  • 世界の辺境とハードボイルド室町時代(集英社インターナショナル)
    辺境滞在に裏打ちされた経験と日本史歴史学者の最新の知識が次々に披露され しかもなんだかリンクしている驚異の対談

    ふたりの対談終盤 現代日本が特殊でアジアやアフリカの辺境や室町時代の日本の方が 世界的に普遍性をもった社会なんじゃないか
    今生きている社会がすべてとは思わないでほしい
    との結論に至る
    ...続きを読む
  • 西南シルクロードは密林に消える
    高野さんのビルマものはハズレがない。この作品も面白かった。面白かったでは不謹慎かな。一歩間違えば生きて帰れない状態での旅で、改めて、日本に住んでる事のありがたさや、つまらなさを感じながら楽しみました。

    本作でも人物描写、評価が本当に面白く、高野さんの適度に力の抜けた描写がなんとも言えず良かった。
    ...続きを読む
  • 謎の独立国家ソマリランド
    ソマリランド、プントランド、南部ソマリアへと行った人の記録で、書き方が面白いのでグイグイ読ませる。
    ソマリの文化に染まっていって日本の常識を相対化してくれる。
    海賊の背景にあるもの、ソマリの文化と歴史、カート食べるとどうなるかとか、真面目な話からおふざけな話まで色々勉強になる。
  • 世界の辺境とハードボイルド室町時代(集英社インターナショナル)
    室町時代だけでなく、江戸時代との違い、幕府と京都の距離感の関係性、辺境から現代を読み解く等、相当面白い内容が展開されている。
  • 世界の辺境とハードボイルド室町時代(集英社インターナショナル)
    良き質問者は
    良き回答を引き出す

    博覧強記のお二人から
    丁々発止、縦横無尽に
    あっちや こっちへ と 
    対談をされて
    歴史的な
    文化的な
    博物学的な
    興味深い話が
    とどまるところを知らずに
    溢れ出てくる

    これを面白いと
    言わずして…

    いゃあ
    知的な好奇心を気持ちよく
    揺さぶってくださいました

特集