「高野秀行」おすすめ作品一覧

「高野秀行」の新着作品・人気作品や、最新のユーザーレビューをお届けします!

配信予定・最新刊

NEW
週刊文春 4月19日号

作品一覧

2018/04/16更新

ユーザーレビュー

  • ワセダ三畳青春記
    はちゃめちゃだが、大好きだ。全てのものが動かずに手に届く、それが三畳世界。高野さんはそこに青春をつぎこんだ。将来の奥さんと恋に落ちる回が秀逸だ。自分にもこういう気持ちになったことがあるなぁと読んでて懐かしく涙がほろっと溢れてきた。高野さんはやってることはちゃめちゃだが、文章が読みやすくて面白くて、か...続きを読む
  • 幻獣ムベンベを追え
    とにかく文章がうまい、読ませるなというのが第一印象。
    早稲田大学の探検部に所属時していた時の出版だが、
    平均的大学生の文章力を余裕で超えている。

    氏は、後に数多くの冒険モノを出版しているが、
    処女作には、作家の全てが宿るというか、この作品には、全てが詰まっている。
    明らかに、著者は、変わりモノだが...続きを読む
  • アジア新聞屋台村
    魅力的な人たちにたくさん出会える本。こんな生き方があるのか、こんな考え方があるのかと、普段凝り固まっていた頭が少し柔らかくなったように思う。自分の生き方は自分で決めていく。自分の好きなことを見失わないよう、もっと柔軟に生きていきたいと思った。
  • 間違う力
    今までの経験から自分を見つめ直していて、筋が通ってる。
    読んだ後、しばらくじっとできなかった。
    考えてないで、なんかやんなきゃ!って気になった。
    私は慎重すぎて、腰が重いから読んでて耳が痛いところもあったけど、読んだ後にこんなに影響が出るなんて初めてだった。
    高野さんだからこそ書ける本だと思います。...続きを読む
  • 【カラー版】アヘン王国潜入記
    最高に面白かった。ただの無計画突撃系ではなく、現地のレポートが生々しく書かれていて現地調査報告書だった。行きたいとは思わないが、読み応えがある本だった。

特集