謎の独立国家ソマリランド

謎の独立国家ソマリランド

作者名 :
通常価格 990円 (900円+税)
獲得ポイント

4pt

    【対応端末】
  • Win PC
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ
    【縦読み対応端末】
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ

※縦読み機能のご利用については、ご利用ガイドをご確認ください

  • 無料サンプル
  • ブラウザ試し読み

  • アプリ試し読み

作品内容

西欧民主主義敗れたり!!終わりなき内戦が続き、無数の武装勢力や海賊が跋扈する「崩壊国家」ソマリア。 その中に、独自に武装解除し十数年も平和に暮らしている独立国があるという。果たしてそんな国が本当に存在しえるのか?事実を確かめるため、著者は誰も試みたことのない方法で世界一危険なエリアに飛び込んだ──。単行本では520ページ超のボリューム。著者渾身の歴史的<刮目>大作!これ以上のノンフィクションはもう二度と読めない。第35回(2013年)講談社ノンフィクション賞受賞。第3回梅棹忠夫・山と探検文学賞受賞。BOOK OF THE YEAR2013今年最高の本第1位(dacapo)。本屋さん大賞ノンフィクション部門第1位(週刊文春)世界を揺るがす衝撃のルポルタージュ、ここに登場!

カテゴリ
小説・文芸
ジャンル
ノンフィクション / ノンフィクション・ドキュメンタリー
出版社
本の雑誌社
電子版発売日
2017年04月11日
サイズ(目安)
23MB

謎の独立国家ソマリランド のユーザーレビュー

感情タグBEST3

感情タグはまだありません

    Posted by ブクログ 2021年11月18日

    複雑で飲み込むのは難しいが、実際の旅行記と併せてソマリランドについて説明されており,面白かった。
    臨場感があり、登場人物は皆面白い。
    読むのに時間がかかったが,ソマリランドについて知るための貴重な資料だと感じた。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2021年05月02日

    「氏族」という概念があるのを初めて知った。とても面白い仕組みで、さすがに細かな分類や経緯は読んでいて難しかったけれど氏族の何たるかやその掟(ヘール)についてはざっと理解できた。
    筆者、バリバリカートやってるな。
    ソマリ語ってどんなものなんだろうと思った。
    写真がもっとあればより良かった。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2020年09月25日

    ソマリランド、内戦可にあるソマリアのなかにありながらすごく治安がよいラピュタのような国(国としては認められていないが)。
    以前未来世紀ジパングで特集していて上記のような程度の知識しかなかったが、高野氏の潜入・取材力によって、物語のようにソマリ人の特徴、またソマリランドの設立?の流れが色鮮やかに入って...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2020年06月17日

    この本でソマリランド、プントランドの存在を知った。著者の好奇心とソマリランド愛に引き込まれる。海賊がなくならない説明、海賊はビジネスって目からうろこだった。難民キャンプにいる人達が笑顔というくだりも印象的。実は皆生き生きして笑みを浮かべているそうだ。それは安心しているから。やせこけた、目がうつろな子...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2017年12月25日

    ソマリランド、プントランド、南部ソマリアへと行った人の記録で、書き方が面白いのでグイグイ読ませる。
    ソマリの文化に染まっていって日本の常識を相対化してくれる。
    海賊の背景にあるもの、ソマリの文化と歴史、カート食べるとどうなるかとか、真面目な話からおふざけな話まで色々勉強になる。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2017年05月25日

    これは、面白い!!
    なかなかボリュームのある一冊だけど退屈とは無縁の読書タイム!ただの物珍しい・楽しい旅行記とは一線を画している。というのもソマリア(ソマリランド・プントランド・南部ソマリア)の歴史や氏族の仕組みなどを文献にあたるだけではなく現地でカート中毒になりながら質問に質問を重ねて詳しく調べ上...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2017年05月07日

    欧米人や日本人の感覚としては、かなり危険を伴うことが予想される東アフリカのソマリアへ、著者が現地へ飛び込み、知り得た情報、現地人とのコミュニケーション、感じたことが綴られた渾身のルポルタージュ。
    ソマリアが、北部から南部にかけて、ソマリランド・プントランド・ソマリアの3つに分断されているとは…、この...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2017年03月13日

    圧倒的に面白い…
    久々に陶然たる読書体験であった。

    国際社会では長らく無政府状態とされているソマリアの中にあって、独自の政治機構を有し、もはや浮世離れしていると言えるくらい、治安の良いハイパー民主主義独立国家・ソマリランド。
    この存在を知った著者が、実際にソマリランドへと渡り、歴史・文化・風俗・土...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2016年10月01日

    ふとしたことでソマリアの情報が欲しくて、たまたま手に取った本だった。ソマリアの歴史と現状を高野氏が現場に入って手に入れた情報を元に執筆したものである。ソマリ人の内戦の歴史、多国籍軍や国際機関の介入、イスラム原理主義の台頭など複雑に絡み合う戦争の要因とその中で平和を維持するソマリランドの謎について日本...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2016年03月30日

    ほんとおもしろかった。ソマリアいえば世界一の失敗国家、そこら中で戦闘と海賊だらけというイメージでいたが、そこには人間がいて生活があってまさか自称民主主義国家があるなんて想像しなかった。

    そして著者がすごい。よくここまで取材を重ねて、ソマリ社会に入り込んでしまうなんて。最後はちょっと感動させられた。

    このレビューは参考になりましたか?

この本をチェックした人は、こんな本もチェックしています

関連書籍

無料で読める ノンフィクション

ノンフィクション ランキング