「岩井志麻子」おすすめ作品一覧

「岩井志麻子」の新着作品・人気作品や、最新のユーザーレビューをお届けします!

配信予定・最新刊

作品一覧

2018/10/04更新

ユーザーレビュー

  • 堕ちてゆく
    どこにでもいる地味な女たちが、些細なきっかけで堕ちてゆく。借金まみれになったあげく、強盗をしたり、殺したり殺されたり。自分は紙一重のところで真っ当に生きているのだろうか、と思わされる。足を踏み外さないよう、気をつけよう。
  • ぼっけえ、きょうてえ
    品のあるホラーでした。
    何より文章の美しさが癖になります。
    靄のように現れる幽鬼。
    果たしてそれは現実が幻影か。
    岡山地方の方言っていいなあとも思いました。
    この著者の本は、この本が初めてですがもっと読みたいと思いました。
  • ぼっけえ、きょうてえ
    角川ホラー文庫を買い漁るきっかけとなった本。

    怪奇談というより、怨念、情念、愛憎といった、
    男女や親子、家族や村といった密閉された世界にいる人間たちの、血生臭い話ばかりの短編集。

    岩井志麻子は人が嫌悪するような描写をさせたら、日本一なんじゃないかと思う。
    読んでいると臭気さえ感じる。
    破水した羊...続きを読む
  • ぼっけえ、きょうてえ
    障碍者とホラーを結びつけた勇気がもうホントすごい。おれなら書く勇気無い。もうホントすごい。すごすぎて、しかも確かに怖い。でもなんか、最後はホラーと言うよりファンタジーに近い。
  • 現代百物語 嘘実
    様々な嘘をテーマに集められた現代百物語。お化けが出てくるという意味の怖さではなく、そこはかとなく引っかかる怖さ。
    この本からシリーズにはまってしまい、しばらく聞き続けることに。