岩井志麻子の一覧

「岩井志麻子」の新着作品・人気作品や、最新のユーザーレビューをお届けします!

配信予定・最新刊

作品一覧

2020/01/02更新

ユーザーレビュー

  • ぼっけえ、きょうてえ
    表題の「ぼっけえ、きょうてえ」は岡山弁で「とても怖い」という意味らしい。

    岡山弁の訥々とした語り口がじめっとした空気感をかもしだしていて、最後まで作品の雰囲気にのめりこめた。
  • ぼっけえ、きょうてえ
    ・ぼっけえ、きょうてい ★★★★★
    むっちゃ面白く、興味深かった。
    特に昔の性や遊郭は興味があるので。
    間引き業ってほんまにあったんかな?ありそーやなと思ってググったら本当にあった。

    それにしてもコテコテの岡山弁(老人同士のかいわみたいな)で岡山出身の自分ですら、読み慣れるまで苦労したけど他の人は...続きを読む
  • ぼっけえ、きょうてえ
    日本ホラー小説大賞、山本周五郎賞受賞作。 * ぼっけえ、きょうてえ「○」 * 密告函「○」 * あまぞわい「◎」 * 依って件の如し「◎」
  • 堕ちてゆく
    どこにでもいる地味な女たちが、些細なきっかけで堕ちてゆく。借金まみれになったあげく、強盗をしたり、殺したり殺されたり。自分は紙一重のところで真っ当に生きているのだろうか、と思わされる。足を踏み外さないよう、気をつけよう。
  • ぼっけえ、きょうてえ
    品のあるホラーでした。
    何より文章の美しさが癖になります。
    靄のように現れる幽鬼。
    果たしてそれは現実が幻影か。
    岡山地方の方言っていいなあとも思いました。
    この著者の本は、この本が初めてですがもっと読みたいと思いました。