嘘つき王国の豚姫

嘘つき王国の豚姫

作者名 :
通常価格 1,650円 (1,500円+税)
獲得ポイント

8pt

    【対応端末】
  • Win PC
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ
    【縦読み対応端末】
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ

※縦読み機能のご利用については、ご利用ガイドをご確認ください

毎日引ける!!!クーポンガチャで最大50%OFFクーポンをGET!

作品内容

このままじゃあ、殺される!幼い頃からの凄絶ないじめ。でも脳内の「私」は醜く太った引きこもりではなく、みんなの憧れの美少女――。嘘にまみれた狂気の果て、想像を絶する残酷な結末!

カテゴリ
小説・文芸
ジャンル
小説 / 国内ホラー
出版社
河出書房新社
電子版発売日
2016年12月23日
コンテンツ形式
EPUB
サイズ(目安)
2MB

嘘つき王国の豚姫 のユーザーレビュー

感情タグBEST3

感情タグはまだありません

    Posted by ブクログ 2010年10月01日

    凄い。もうタイトルからして凄い。ジャンルが何かは分からないけれど、独断でホラーとします。いやもうこれはホラー以外の何ものでもないでしょ!
    表面的には、よくあるかもしれない一人の女性の転落人生。劣等感を隠して見栄を張って、自分に都合のいいことだけを味方につける。それ自体は誰でも多少はやっていることなの...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?
    購入済み

    とにかく救いのない話

    げいむすきお 2020年07月27日

    「虐められ騙され犯され体を売って生活する」という不幸を絵にかいた様な人生の主人公。しかし「自堕落で嘘つきで、強者には媚を売り、弱者は見下して、我儘が通らないと大声でわめく」ような性格で、同情心はわかない。とにかく救いがなく、主人公をいじめるためだけに書かれたかのような話。

     このタイプの女に迷...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2014年04月26日

    えぐくて気持ち悪い。コメンナサイって見ると毛がぶわって逆立つくらいに強烈な印象を与えてくれた本です。
    普段はエロが多い著者の作品が気分の悪さに全振りするとこうなるのだなあ。圧倒されて一気に読んでしまいました。
    好みです。

    これを読んでから、自分の中で勝手に岩井志麻子と新堂冬樹と対にしています。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2013年12月28日

    救いが無い少女時代。犯されて蔑まれて、引きこもって、嘘つきの夢の世界で過ごすブタ。

    ずーーっと引きこもっているのかと思ったら、外の世界に出ていくから驚いた。

    出てからも嘘・嘘・嘘。

    お金を得て、整形して綺麗?になったんだし、何処かで人並みの幸せが手に入ったんじゃないかと思う。けど、本人はそんな...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2013年07月17日

    怖い気持ち悪い!タイトル通りなんだけど、全力で誰でも嘘とわかる嘘を付き都合の悪い事はぽいっちょ、自分はいい子、ゴメンナサイと言いたくないからコメンナサイ、このコメンナサイがぞわっとする。物心ついてから40過ぎまで、ずっと嘘を吐き続けるグロテスクな主人公の生命力なのか異常な強さ歪んだパワーにぐったり。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2012年02月29日

    救いようのない浅はかな女の物語。残酷で目を背けたくなる描写、多々あり。読み終えた後、「悪い夢だったんだ」と己に言い聞かせたくなる。読み返すことはもうないけれど、主人公・りかの呪縛からはずっと逃げられないんだろう。それくらい強烈な小説だった。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2010年12月01日

    気持ち悪い
    本を読んでいて気分を悪くさせるのも作家の力量ですね

    こんな要素を持った人けっこういるよね

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2010年12月01日

    多分、ギャグタッチにしたら西原理恵子っぽくなる。
    読んでて気分が悪くなってくるのだけど、
    つい読み進めてしまう。
    最終章はちょっと長かったけど、
    この結末の付け方は嫌いじゃない。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2010年11月22日

    どうにも救いようのない暗い話が延々と続くだけ。好きか嫌いかと言われたら好きだ。岩井さんの書くものは、一旦読みはじめるとノンストップで最後まで読みたくなってしまう。ラストは怖くて、狂気そのもの。

    このレビューは参考になりましたか?

この本をチェックした人は、こんな本もチェックしています