「小林泰三」おすすめ作品一覧

「小林泰三」の新着作品・人気作品や、最新のユーザーレビューをお届けします!

プロフィール

  • 作者名:小林泰三(コバヤシヤスミ)
  • 性別:男性
  • 生年月日:1962年08月07日
  • 出身地:日本 / 京都府
  • 職業:作家

大阪大学大学院修了。1996年『玩具修理者』でデビュー。同作は第2回日本ホラー小説大賞短編賞を受賞し、映画化されている。『海を見る人』、『天獄と地国』、『密室・殺人』など多数の作品を手がける。

無料・値引き作品コーナー

作品一覧

2017/08/25更新

ユーザーレビュー

  • わざわざゾンビを殺す人間なんていない。
    ゾンビウイルスから食肉問題につなげるところは見事。ちょっと長いかなって思ったのと最後力技で終わらせたかなってとこもあったけど、瑠璃の秘密が明かされるあたりからラストまでは引き込まれて面白かった。
  • 記憶破断者
    記憶が数十分しか持たない前向性健忘症の男vs人に触れる事で記憶を改ざんする能力を持つ男。

    グロイホラーの短編集で有名な作家さんなのだけど、今回はホラーじゃない?
    と、、思いきや、記憶をいじられるって、一種の暴力。そしてとても気持ち悪く、下手をすると精神崩壊なんてしてしまう。。

    殺人鬼のとても身勝...続きを読む
  • 玩具修理者
    玩具修理者はとても面白かった!
    最後のオチが素晴らしく気持ちが悪くて(いい意味で?)わたしは大好き
    酔歩する男はわたしがSFが苦手なので途中までしか読めなかった
  • アリス殺し
    現実世界と不思議の国の対応関係が複雑ではあるが考えるのが楽しい。ビルとの会話は真面目に読むと頭がおかしくなりそうだけどそれもまた面白いといえば面白い。もともとアリスが好きなのでそれをしっかりモチーフとしているのが良かった。
  • クララ殺し
    ミステリ。ファンタジー。SF。幻想。ホラー。異世界。ホフマン宇宙。
    『アリス殺し』の続編。
    小林泰三さん、鬼才すぎます…。
    わけが分からなすぎて、逆に面白い。
    ビルとスキュデリの会話がとてもコミカルで良い。正直、これが一番の魅力かも。
    スキュデリのアーヴァタール、まさかの登場でテンション上がった。著...続きを読む

特集