小林泰三の一覧

「小林泰三」の新着作品・人気作品や、最新のユーザーレビューをお届けします!

プロフィール

  • 作者名:小林泰三(コバヤシヤスミ)
  • 性別:男性
  • 生年月日:1962年08月07日
  • 出身地:日本 / 京都府
  • 職業:作家

大阪大学大学院修了。1996年『玩具修理者』でデビュー。同作は第2回日本ホラー小説大賞短編賞を受賞し、映画化されている。『海を見る人』、『天獄と地国』、『密室・殺人』など多数の作品を手がける。

無料・値引き作品コーナー

配信予定・最新刊

作品一覧

2019/04/26更新

ユーザーレビュー

  • アリス殺し
     昨今、単行本から1年くらいで文庫化されることも稀ではないのに、6年目にしてようやくの文庫化である。
     ミステリの禁じ手とされるものにはいくつかあるのだが、そのひとつが夢オチ。
     そこで正々堂々と夢オチをやってやろうというのがこのシリーズなのではないだろうか。
     有栖川有栖、じゃなくて、栗栖川亜理は...続きを読む
  • アリス殺し
    不思議の国のアリスという物語は、不条理、グロテスク、という言葉ととてもよく合う。暗い連続殺人事件の話でも、頭のおかしい住人たちの世界のお話であればなんだかふわふわとした気持ちで読み進められる。蜥蜴のビルがとても可愛くてすき。
  • アリス殺し
    よくある見立て殺人ものかな、と読み始めて……。
    くやしい、作家さんの思惑通りのミスリードに引っかかりました。
    ファンタジー、ダークホラー、ミステリーという贅沢なものがたくさん詰まった一冊。
    面白かった!!
  • 人外サーカス
    装丁のゴスロリ衣装の少女が佇むサーカステントの中の煌びやかな空間が美しい装丁。でもそこには不穏な空気が漂う。

    普段は経営不振のサーカス団、インクレディブルサーカスなのだが、その実は吸血鬼ハンターたちの集団であるコンソーシアム。最初はクイーンビーと呼ばれる吸血鬼との対決シーンから始まる。そして吸血鬼...続きを読む
  • SF JACK
    SF短編集。どの話も結構面白かった。おすすめ。
    宮部みゆきさんの「さよならの儀式」とか、ほろっとする。
    個人的には、完全ヴァーチャルの世界で生きる人間たちを描いた山本弘氏の「リアリストたち」が好きかな。それと独特の一人称の形式で書かれた新井素子さんの「あの懐かしい蝉の声は」も良かった。。

特集