ドロシイ殺し

ドロシイ殺し

作者名 :
通常価格 799円 (727円+税)
紙の本 [参考] 814円 (税込)
獲得ポイント

3pt

    【対応端末】
  • Win PC
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ
    【縦読み対応端末】
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ

※縦読み機能のご利用については、ご利用ガイドをご確認ください

作品内容

普段は頭の切れる理系の大学院生なのに、夢の中では不思議の国の間抜けな“蜥蜴のビル”になってしまう青年・井森は、ある日の夢の中で、なぜか砂漠を彷徨っていた。干からびる寸前の彼を救ったのは、案山子とブリキの樵とライオンを連れた、ドロシイと名乗る少女だった。オズの国に住む彼女たちは、不思議の国へ帰る方法を探すビルをひとまずエメラルドの都へと連れていくことにする。だが、オズの国の支配者・オズマの誕生パーティーで盛り上がる宮殿内で殺人事件が発生し、井森が暮らす現実世界でも相似形をなす死亡事故が起きる。狂気の王国で起きる死の連鎖の恐るべき真相とは?/解説=小出和代

カテゴリ
小説・文芸
ジャンル
小説 / 国内ミステリー
出版社
東京創元社
掲載誌・レーベル
創元推理文庫
ページ数
382ページ
電子版発売日
2021年06月21日
紙の本の発売
2021年06月
サイズ(目安)
3MB

ドロシイ殺し のユーザーレビュー

感情タグBEST3

感情タグはまだありません

    Posted by ブクログ 2021年07月27日

    言葉の齟齬があると大きな問題になると思った作品。犯人はとてもシンプル。
    「オズの魔法使い」のキャラクターとビリーの掛け合いはとても面白い。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2021年11月15日

    メルヘン殺しシリーズの3作目

    このシリーズは会話が多く、話もすぐ逸れていくので若干読み進め難いイメージだったのだが、前2作品に比べるとすごく読みやすかったように感じたのだが気のせい??

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2021年08月01日

    前の二作に比べて推理の部分の描写が少なく、犯人も分かりやすかった。推理部分よりも世界の違和感やキャラクターの掛け合いが楽しめる作品でした。

    このレビューは参考になりましたか?
    ネタバレ

    Posted by ブクログ 2021年12月15日

    アリス殺し、クララ殺しと続いてメルヘン殺しシリーズ第三弾!
    作中にも書いてありましたが、このドロシイ殺しの舞台となるオズの国は雰囲気がアリス殺しと似ています。相まってストーリー展開もアリス殺しに少し似ていたように思いました。クララ殺しでミステリーとしての難易度がおもいっきり上がって、正直置いていかれ...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?
    ネタバレ

    Posted by ブクログ 2021年11月16日

    アリス殺しからクララ殺し、ドロシイ殺しと進むにつれ難しくなっている。1番謎なのは、クララもドロシイも最後にアリス殺しの場面の一部が描写されていること。さらに続きのシリーズがでるにつれこの謎がどの様に解明されていくかが気になる。

    このレビューは参考になりましたか?
    ネタバレ

    Posted by ブクログ 2021年08月24日

    ● 感想
     アリス殺し,クララ殺しに続いて,今回もアーヴァタールの誤認トリックを仕掛けているのかと思ったら,そうではない。カンザスが地球のカンザスではなく,オズの魔法使いのカンザスだったという世界誤認トリックが仕掛けられている。これは,シリーズものであることを逆手にとったトリック。また,誰が誰のアー...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?
    ネタバレ

    Posted by ブクログ 2021年06月24日

    普通の推理小説より面白い
    普通の推理小説なら犯人はある程度絞れるけれど、地球とあちらの世界の殺人とかアーヴァータールとリンクしてる人が分からないとか、考えることが多いから犯人が絞りづらい
    ビルも含めてオズの国の住人たちの掛け合いが面白いし飽きない
    ただこの掛け合いのせいで話が進まなかったり犯人探しが...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?
    ネタバレ

    Posted by ブクログ 2021年07月02日

    オズシリーズは最初の一冊しか読んでいない事もあり(^◇^;)

    最初の登場人物から混乱。

    現実世界との関わりも、私には分かりづらくて、少し読みにくかったですσ(^_^;)

    こちらもあと一冊ですね。
    小林さんの逝去が早すぎて切ないです(T ^ T)

    このレビューは参考になりましたか?

この本をチェックした人は、こんな本もチェックしています

関連書籍

創元推理文庫 の最新刊

無料で読める 小説

小説 ランキング