「福澤徹三」おすすめ作品一覧

「福澤徹三」の新着作品・人気作品や、最新のユーザーレビューをお届けします!

プロフィール

  • 作者名:福澤徹三(フクザワテツゾウ)
  • 性別:男性
  • 生年月日:1962年
  • 出身地:日本 / 福岡県
  • 職業:作家

2000年『幻日』でデビュー(文庫化の際『再生ボタン』と改題)。『すじぼり』で第10回大藪春彦賞を受賞。代表作のひとつである『東京難民』は映画化されている。その他作品に『忌談』、『真夜中の金魚』、『アンデッドシリーズ』などがある。

無料・値引き作品コーナー

配信予定・最新刊

作品一覧

2018/12/06更新

ユーザーレビュー

  • 群青の魚
    やっぱり面白い福澤徹三。登場人物を見ていても気づかなかったが、五味が登場した時点で思い出した。この物語は、『白日の鴉』の続編というか、同じシリーズ。前回大活躍した弁護士の五味と新田は今回は脇役だが、成長した新田の姿を見られたのは、親心のような感情からか、なんだか嬉しかった。

    さて、今回は特養...続きを読む
  • 侠飯3 怒濤の賄い篇
    侠飯シリーズ 第3弾

    プロローグ 幹部の椅子と実家の地上げ
    1激安で激旨、鶏つくねピェンロー
    2朝飯がばくばく進む、海苔玉子焼となめ茸豆腐
    3激辛でカプサイシン効果、火の鶏と部隊鍋
    4二日酔いの朝こそ旨い。カレー肉吸いと玉子かけご飯
    5冷めているのに温かい。真夜中おにぎり
    6安い肉ほ...続きを読む
  • 侠飯2 ホット&スパイシー篇
    侠飯シリーズ 第2弾

    プロローグ ブラック企業に豹変した職場
    1二日酔いに効く。誰でも作れる極旨スープカレー
    2夏こそタイの旨辛料理。これ一本で完成の万能調味料
    3ビールが止まらない、夏の絶品つまみ
    4死ぬほど暑い夜はメキシコ&アフリカ料理
    5汗まみれで路上で食うから旨いジャークチキン...続きを読む
  • Iターン
    序盤は、有り得ないほどドンくさい狛江にイライラしたけど。サラリーマンがこんなに異次元の体験を繰り返したら、怖いもん無くなるわ!って、すっかり引き込まれてしまった。
  • 侠飯3 怒濤の賄い篇
    3巻は、ヤミ金男子とチーム柳刃。

    古い極道一家に見習いで入り込む
    主人公の元に「チーム柳刃」いらっしゃいませ。

    任侠ものは、浅田次郎先生の小説にて
    勉強済みでござんす。
    仁義を切る。この辺の会話萌。
    組長の人柄にさらなる萌。

    うちにも来てくれないかなやなぎば。

    ちなみに、前の間に出てきた面々...続きを読む

特集