「福澤徹三」おすすめ作品一覧

「福澤徹三」の新着作品・人気作品や、最新のユーザーレビューをお届けします!

プロフィール

  • 作者名:福澤徹三(フクザワテツゾウ)
  • 性別:男性
  • 生年月日:1962年
  • 出身地:日本 / 福岡県
  • 職業:作家

2000年『幻日』でデビュー(文庫化の際『再生ボタン』と改題)。『すじぼり』で第10回大藪春彦賞を受賞。代表作のひとつである『東京難民』は映画化されている。その他作品に『忌談』、『真夜中の金魚』、『アンデッドシリーズ』などがある。

無料・値引き作品コーナー

配信予定・最新刊

作品一覧

2018/04/06更新

ユーザーレビュー

  • 侠飯4 魅惑の立ち呑み篇【電子特典 コミック収録版】
    4冊目ともなると、二人が誰を調べているのかが早い段階でなんとなくわかるのですが、今回はそれにちゃんと改心という違うスパイスがふりかけられて素敵な仕上がりになってました。また料理も今回さらに簡単で、作ってみたい、作れそうなレシピがたくさん。
    巻数が増えると、時間を戻して二人の最初の物語があってもうれし...続きを読む
  • 侠飯3 怒濤の賄い篇
    イヤー、こんなシリーズがあることに気づいてよかったぁ。フレンチが好きな私ですが、こんな絶妙な一手間をかけた自炊飯は、私のもうひとつの好きなジャンルだということに気づきました。素材の美味しさをしっかり引き出す感じがフレンチとおんなじだと思います。最後の〆の話で、料理の〆同様、きれいにしまりました!
    ...続きを読む
  • 侠飯2 ホット&スパイシー篇
    テレビドラマになった話が第一巻で終わり、どう続くのかとワクワクな第二巻。今度はそうきたか、そういう感じで続くのね…と納得の続編。相変わらず、簡単なメニューなのに、丁寧さが心地よいのは、手をかけるべきところはしっかりとかけ、使うべきスパイスは惜しまないからですかね。やってみようと思えるレシピ満載であり...続きを読む
  • 侠飯
    評価は5.

    内容(BOOKデーターベース)
    就職活動中の大学生が暮らす6畳のワンルームに転がり込んできたヤクザは、妙に「食」にウルサイ男だった! 異色グルメ小説。
    就職活動に悩む大学生・若水良太は、ヤクザどうしの銃撃戦に巻きこまれ、組長の柳刃竜一が部屋に居座ってしまう。居候の柳刃はお取寄せが趣味で...続きを読む
  • 侠飯4 魅惑の立ち呑み篇【電子特典 コミック収録版】
    藤堂旬一郎、28歳、国会議員秘書。
    あまりに多忙な日々に、青雲の志も忘れがち。

    そんな彼の心が安まるのは、
    永田町近くの立ち呑み酒屋で店主の小梅に逢うとき。

    だがある日、眼光鋭く、頬に傷を持つ〝新店長〟が現れた。
    この怪しい男のつくるつまみが滅法旨い。

    読めば読むほど腹が減る、
    文庫書き下ろし...続きを読む

特集