「福澤徹三」おすすめ作品一覧

「福澤徹三」の新着作品・人気作品や、最新のユーザーレビューをお届けします!

プロフィール

  • 作者名:福澤徹三(フクザワテツゾウ)
  • 性別:男性
  • 生年月日:1962年
  • 出身地:日本 / 福岡県
  • 職業:作家

2000年『幻日』でデビュー(文庫化の際『再生ボタン』と改題)。『すじぼり』で第10回大藪春彦賞を受賞。代表作のひとつである『東京難民』は映画化されている。その他作品に『忌談』、『真夜中の金魚』、『アンデッドシリーズ』などがある。

無料・値引き作品コーナー

配信予定・最新刊

作品一覧

2019/03/07更新

ユーザーレビュー

  • 侠飯 7巻

    終わるの早すぎる…

    もっと続きが見たかったです…
    社会人編待ってます!
  • 侠飯 1巻

    面白すぎる

    ずっと終わらないで欲しかった…
  • 侠飯4 魅惑の立ち呑み篇【電子特典 コミック収録版】
    3巻目まではまとめて読んだので
    久々の「チーム柳刃」第4巻。
    今回は、政治家の秘書と任侠飯。
    なかなか扱いづらいテーマと思うが大丈夫か。

    角打ち立ち飲み屋「ちどりや酒店」、マドンナが居る。
    口説きたくて通う国会議員秘書の主人公青年。
    そこに入り込んで腕を振るっちゃう柳葉〜。

    塊肉を焼く焼き加減の...続きを読む
  • 侠飯 1巻

    良いです!

    料理、グルメ漫画が全盛、嫌そろそろマンネリ化してるところ
    この漫画は新鮮でした。何と言っても組長の食に対する
    意識は非常に見習うところがあります。
    私もレシピ通り気に入ったものを作っています。
    安くても余った物でもこんな美味いのが作れる。。
    良いじゃないですか。
    現在の下らないグルメ評論...続きを読む
  • 群青の魚
    やっぱり面白い福澤徹三。登場人物を見ていても気づかなかったが、五味が登場した時点で思い出した。この物語は、『白日の鴉』の続編というか、同じシリーズ。前回大活躍した弁護士の五味と新田は今回は脇役だが、成長した新田の姿を見られたのは、親心のような感情からか、なんだか嬉しかった。

    さて、今回は特養...続きを読む

特集