福澤徹三の一覧

「福澤徹三」の新着作品・人気作品や、最新のユーザーレビューをお届けします!

プロフィール

  • 作者名:福澤徹三(フクザワテツゾウ)
  • 性別:男性
  • 生年月日:1962年
  • 出身地:日本 / 福岡県
  • 職業:作家

2000年『幻日』でデビュー(文庫化の際『再生ボタン』と改題)。『すじぼり』で第10回大藪春彦賞を受賞。代表作のひとつである『東京難民』は映画化されている。その他作品に『忌談』、『真夜中の金魚』、『アンデッドシリーズ』などがある。

配信予定・最新刊

作品一覧

2021/01/18更新

ユーザーレビュー

  • 侠飯
    audibleで。諏訪部さんの朗読がよかった。キャラがいっぱい出て会話も多いのに演じ分けがさすがで聞きやすかった。ドラマよりも柳刃さんが調味料オタクでネットショッピングたくさんしててかわいかった。
  • 東京難民(上)
    主人公には苛立ちを覚えるかもしれない。
    いや、覚えるだろう。

    しかし、どんどん沼底へと沈んでいく主人公が、そんな沼に順応していくのが面白い。

    さまざまな方法で生活費を稼ごうとするが、その過程が面白い。

    側から見ている第三者だからだろう。

    でも、自分も修のようにならないとも言い切れないのだから...続きを読む
  • 東京難民(下)
    主人公には苛立ちを覚えるかもしれない。
    いや、覚えるだろう。

    しかし、どんどん沼底へと沈んでいく主人公が、そんな沼に順応していくのが面白い。

    さまざまな方法で生活費を稼ごうとするが、その過程が面白い。

    側から見ている第三者だからだろう。

    でも、自分も修のようにならないとも言い切れないのだから...続きを読む
  • 侠飯6 炎のちょい足し篇
    お馴染みシリーズ第6弾。
    いつもクライマックスでは涙がホロリと来てしまうな。今回もグッとくるラストだった。
    料理もいつも通り美味しそうだけど、今回はコンビニで買えるものがメインだからいつも以上に簡単そう。試してみたい。

    前作の和人と葉月のその後も知れて良かった。

    続編も楽しみ!
  • 侠飯5 嵐のペンション篇
    「侠飯」シリーズ、ほんと好きだー。
    まず料理が美味しそうだし、自分でも作れそうな気がしてくる。ていうか実際に何品か作ったりもした。
    そして話の内容も面白い。今回は舞台は奥多摩のペンション。近くで時効間近の未解決銀行強盗事件があったという曰く付きの場所で、登場人物はクセのありそうなオーナーと宿泊客たち...続きを読む