確率思考の戦略論 USJでも実証された数学マーケティングの力

確率思考の戦略論 USJでも実証された数学マーケティングの力

作者名 :
通常価格 3,520円 (3,200円+税)
獲得ポイント

17pt

  • 対応端末 :
  • Lideo
  • Win PC
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ

新規会員限定半額クーポンプレゼント

作品内容

「ビジネス戦略とは確率論である」「成功確率はある程度操作できる」「需要予測はそのための有用な道具である」など、企業戦略に役立つ智慧と数式が詰まった上級者向けのマーケティング実践書。

ジャンル
出版社
KADOKAWA
掲載誌・レーベル
角川書店単行本
電子版発売日
2016年06月02日
紙の本の発売
2016年05月
コンテンツ形式
EPUB
サイズ(目安)
25MB

関連タグ:

    Posted by ブクログ 2019年08月27日

    とんでもない本だ。全マーケター必読だなぁ。

    ど頭に明示される「市場構造の本質は消費者のプレファレンスである」を確率と数学的根拠を用いて立証し、実務とケースに落としながら詳説。概念としては単純だけど、膨大な思考と理論の轍が包含されていて、とにかくすごいの一言

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2019年07月09日

    MarketingをScienceするための本。

    現場から得られた数字と経営陣の頭の中の戦略の接点を確立統計とArtでガッチャンコする流れが描かれている。
    P&Gマフィア(元P&Gの方々)がマーケッターとして各企業で活躍していることに今後も注目したい。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2019年06月10日

    USJを立て直したのかが書かれている良書。
    マーケティング戦略や企業戦略につながる知識がぎっしりと詰まっている。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2019年05月14日

    軍師としてのあり方。会社や同僚を勝たせるとはどんなことなのか。
    TDLやアメリカ企業というベンチマーク先、モデルがあることも著者の強みになっています。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2019年05月05日

    マーケティング知識まったくなしの自分が読んでも圧巻の内容。
    そこまで的確に予想し、戦略・戦術をたて勝てるゲームを行えるものなのかと目からウロコでした。
    マーケティングに興味持てた1冊。

    数学は全く理解できてないので色々学んでから改めて読み直したい

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2019年02月21日

    マーケティングを行う際にどこの数値に注力しながら、グロースさせていくかという本でした。ネタバレをするとプリファレンスという数値を最大化することが重要と書かれているのですが、どちらかというとリアルマーケットだったり、中小から大企業に当てはまる話なのかなと思いました。 ベンチャーやweb業界はもう少し良...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2019年01月27日

    確率思考の戦略論
    ・なぜ、なぜ、なぜで本質を見抜く
    ・資本主義とは、人間の欲望をドライバーにして成り立っている社会
    ・消費者のプレファレンスによって決定される購買行動の仕組みは、どのカテゴリーでも一緒
    ・戦略の焦点 ①自社ブランドへのプレファレンスを高める、②認知を高める、③配荷を高める
    ・プレファ...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2018年11月17日

    一見ランダムに見える消費者行動は確率の世界に支配されていて、それらは計算し、予測することができる。
    そのことをUSJの成功をもって示した方自らがその用いた思考方法を紹介している本。大変学びと面白さに満ちた内容。マーケターを名乗る人、経営者はぜひmustで読んでいただきたい一冊。

    特に成熟したプロダ...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2018年10月07日

    1人の消費者に向き合ってその指向性を考えてマーケティングを考えたりすることもあるけど、この本ではそれをマスに行うために確率や統計を実装して、かつUSJやP&Gでの実例で解説しているところが面白い。
    数学をマーケティングに実装している点が他のマーケティング本より優れている点で、本としはUSJの...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2018年09月04日

    良書。3つのテーマの新書が1冊にまとまって税抜3200円のような構成。

    1つ目のテーマは、マーケティングの予測数字を使った意思決定と組織はどうあるべきか。

    この一文、重要。
    「会社の重要な意志決定を消費者の代理人であるマーケターに委ねる覚悟もないのに、消費者プレファレンスにおいて勝ちにいく会社を...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

この本をチェックした人は、こんな本もチェックしています