マーケティングとは「組織革命」である。

マーケティングとは「組織革命」である。

作者名 :
通常価格 1,760円 (1,600円+税)
獲得ポイント

8pt

    【対応端末】
  • Win PC
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ
    【縦読み対応端末】
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ

※縦読み機能のご利用については、ご利用ガイドをご確認ください

毎日引ける!!!クーポンガチャで最大50%OFFクーポンをGET!

作品内容

USJ(ユニバーサル・スタジオ・ジャパン)を劇的な再生に導いた後、
マーケティング精鋭集団「株式会社 刀」を設立、
マーケティングによる日本の活性化に邁進中の戦略家、森岡毅氏の待望の最新刊!

なぜ、日本企業はマーケティングを活かせないのか?
なぜ、あなたの提案は通らないのか?
実戦経験を極めた著者が、あなたを成功に導く新しい<組織論>

「ビジネスは策を立てるより、実行する方が100倍難しい」。
優秀なマーケターが良策を立てても、経営トップに決断させられない、
あるいは採用されても組織が動かないなら、結果を出すことはできません。

「会社が“実行できる組織”に生まれ変わり、人を動かすには?」
「社員が組織のために正しい行動を取る“確率”を高めるには?」

本書は、世の中にあふれる教科書的な組織論とは一線を画した
ビジネスパーソンであれば誰もがしっかりと認識しておくべき、実戦で役立つ組織論です。

カテゴリ
ビジネス・実用
ジャンル
ビジネス・経済 / 経営・企業
出版社
日経BP
ページ数
352ページ
電子版発売日
2018年05月29日
紙の本の発売
2018年05月
コンテンツ形式
EPUB
サイズ(目安)
11MB

マーケティングとは「組織革命」である。 のユーザーレビュー

    Posted by ブクログ 2021年01月22日

    経営者、ビジネスマン、学生と読み手の立場によって刺さるポイントが異なる一冊だと感じました。

    本書の中で、著者の森岡毅氏は「一人」の力で組織を変えていくことは可能であると断言しており、「下の立場」から「上」を変えていったP&G・USJでの実務経験と絡めながらその具体的な方法について述べられて...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2020年09月21日

    マーケティングには、消費者プレファレンスの理解x戦略思考が大切ということが分かった。社内マーケティングのフレームワークのステップも理解できた。まずはしっかり状況を洞察して、文脈を把握することが何よりも重要。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2020年09月10日

    森岡毅、マーケティングとあるのでUSJを成功させたプロモーション要素が強いマーケティングの本かと思ったけど全然違う。むしろマーケティング=プロモーションではない。

    ごりごりの組織論の本で、人間の本能(自己保存、現状維持)からくる哺乳類として抗えない性質をうまく利用して、組織人として勝ち筋をつけて仕...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2020年07月28日

    組織の営業機能を強化するために必要な組織構造や、評価制度、風土について書かれていました。性悪説に基づいた組織づくりのヒントが書かれて、理論書よりも頭に入ってきやすい内容でした。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2020年03月08日

    ここ最近面白い本を読んでいる自負はあるけど、その中でもかなり面白かった本書。
    P&G、USJ、刀の森岡毅氏著。
    マーケティング、数字分析で有名な著者だが、
    本書ではそもそも分析した提案を、いかに社内で通すのかについて書かれたものになっている。
    ヒト、組織に焦点を当てることで、より多くのビジネ...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2020年02月16日

    人間の本質とは自己保存である、がとても腑に落ちた。
    それを踏まえて時代の流れに合わせて釘を打たないと組織は腐る。ゆえに、組織に望ましい行動を取らないとその人が困るようなシステムになっているべし。性悪説はある程度大きい組織になると仕方ないのかなと思う。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2020年01月02日

    ひさびさにヒットした。

    コンサルから事業会社に行きたいという後輩に渡したい。事業会社での力学が描かれている本。

    実行というのもそう簡単ではない。意思決定者を理解して、目的を共有して。。

    またこれは日系企業だけではなく、P&Gなどの欧米企業でも同じだということを知れた。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2019年09月02日

    本来のマーケティングの意味からすれば、マーケティング部というものは必要ないだろう。消費者に商品を届ける川上から川下まで、関わる全ての人が持っていなければならない概念であるから。それが浸透するようなしくみを作らなければならないと再認識。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2019年06月30日

    鈴木敏文さんとの対談が抜群

    ・商品開発は釣り人のエサを開発しているため、マーケティングシステムに含まれるべき機能
    ・人が緊張感なく楽に過ごせる組織は遠からず滅びる
    ・バリューチェーンの始まりは、市場構造や顧客を理解することからはじまる
    ・CMOをビジネスの責任を取らなくてもよい人として位置づけたら...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2019年06月05日

    これは良本の部類だが、著者だから出来るのかな。推進力と言うか、実行力が凡人には真似できない。でも、参考になったな。

    このレビューは参考になりましたか?

この本をチェックした人は、こんな本もチェックしています