民王 シベリアの陰謀
  • NEW

民王 シベリアの陰謀

作者名 :
通常価格 1,760円 (1,600円+税)
獲得ポイント

8pt

    【対応端末】
  • Win PC
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ
    【縦読み対応端末】
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ

※縦読み機能のご利用については、ご利用ガイドをご確認ください

【ニコニコカドカワ祭り2021開催中】マンガ・書籍が50%OFF!人気作品がまるごと1巻無料で読める期間限定無料作品も要チェック★

作品内容

「マドンナ・ウイルス? なんじゃそりゃ」第二次内閣を発足させたばかりの武藤泰山を絶体絶命のピンチが襲う。目玉として指名したマドンナこと高西麗子・環境大臣が、発症すると凶暴化する謎のウイルスに冒され、急速に感染が拡がっているのだ。緊急事態宣言を発令し、終息を図る泰山に、世論の逆風が吹き荒れる。一方、泰山のバカ息子・翔は、仕事で訪れた大学の研究室で「狼男化」した教授に襲われる。マドンナと教授には共通点が……!? 泰山は、翔と秘書の貝原らとともに、ウイルスの謎に迫る!!

カテゴリ
小説・文芸
ジャンル
小説 / 国内ミステリー
出版社
KADOKAWA
掲載誌・レーベル
角川書店単行本
電子版発売日
2021年09月28日
紙の本の発売
2021年09月
サイズ(目安)
3MB

民王 シベリアの陰謀 のユーザーレビュー

感情タグBEST3

感情タグはまだありません

    Posted by ブクログ 2021年10月10日

    無理にウイルスなんてテーマ扱わなくていいのに。

    無理に二世議員の布石のような流れにしなくていいのに。と、余計なところが気になってエンタメとしても楽しめなかった。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2021年10月03日

     前作を読み返してから、この作品を読んでみた。
     凍土に埋もれていたマンモスの体内に極めて悪質なウイルスが眠っており、地球温暖化により、日の目を見なかったウイルスが復活するという奇想天外な政治小説。
     自民党の総裁選に絡めた時期の出版といい、ベストセラー狙いが見え見えか。内容というと、1作目のほうが...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

この本をチェックした人は、こんな本もチェックしています