「黒木亮」おすすめ作品一覧

「黒木亮」の新着作品・人気作品や、最新のユーザーレビューをお届けします!

配信予定・最新刊

作品一覧

2017/12/22更新

ユーザーレビュー

  • 赤い三日月 小説ソブリン債務(下)
    トルコの資金調達について、金融機関側から描いたお話。
    今回も例外なく対外的・対内的の折衝の臨場感があり、楽しんで読めた。
    そして、主人公の但馬の上司であるゴールドスタインがカッコよかった。最後の意味のあるディールへの取り組みこそが、金融マン最大のやりがいかもしれない。
    カウンターパートのエンヴェルも...続きを読む
  • 赤い三日月 小説ソブリン債務(下)
    トルコ担当の銀行マンの奮闘と成長を描く国際金融ストーリー。日常の業務と顧客面談にフォーカスされているあたり、かなり面白かった。
  • 赤い三日月 小説ソブリン債務(上)
    国際金融を舞台として活躍する主人公を生き生きと描く。金融商品の組成などの知識も得られる。トルコを舞台としていて街角のレストランや市場の様子が、まるでそこにいるかのように事細かに描かれている。リアルで没入感がハンパない。得がたい一冊だ。下巻もすぐ手にとった。
  • 鉄のあけぼの(下)
    JFE東日本製鉄所火入れから水島製鉄所まで。鉄は国家なりの想いを再認識。企業をして、国家を支える想い。
  • 鉄のあけぼの(下)
    黒木亮さんの新境地とも言える、川崎製鉄創業者 西山弥太郎という熱い人物を書き綴った素晴らしい作品です。
    黒木さんらしく世界銀行から融資を受ける下りは、非常にリアルです(笑)
    西山弥太郎は今回初めて詳しく知りましたが、最近こういう親分肌のボスが少ないな...と懐かしく思いました。