黒木亮の一覧

「黒木亮」の新着作品・人気作品や、最新のユーザーレビューをお届けします!

作品一覧

2021/08/27更新

ユーザーレビュー

  • カラ売り屋、日本上陸
    実際の事件を参考にした経済小説。
    三部構成で、1話目はY病院参考?2話目はI商事?3話目は猫ちゃん?を彷彿とさせる。
    空売り屋なんて株価操作を行って個人投資家から搾取する巨悪なファンドだと思っていたがこんなやり方もあるんだという事を知った。
    とくに病院の闇についてはこんなんで良いのか健康保険制度?!...続きを読む
  • トリプルA 小説 格付会社 下
    (上下巻合わせてのレビューです。)

    骨太小説。
    こういう小説は、読む前に少しためらいがありますが、
    いざ読んでみると面白すぎてあっという間に読んでしまいました。

    この小説は、格付け会社を中心に日本の(そして世界の)マーケットの歴史をざっと振り返ることができる本。
    それが小説になっているのだから、...続きを読む
  • トリプルA 小説 格付会社 下
    山一証券の破綻、エンロン事件、リーマンショックなどの現実に起きた事件を、格付け会社の目線で描いた、事実に基づいた物語。
    「依頼格付け」と「勝手格付け」、発行体の信用力が国の信用力にキャップされてしまう「カントリーシーリング」、MBSやCDOなどの証券化商品など、分かりやすく説明されているので知識がつ...続きを読む
  • トリプルA 小説 格付会社 上
    安定の黒木亮。
    投資銀行に限らず格付機関を舞台にしてと面白い。
    (マネー戦争の本質は変わらないし、プレイヤーが変わっただけで舞台は一緒だからというのもありますが)
  • カラ売り屋、日本上陸
    ますます充実のシリーズ。著者の前作アパレル興亡も面白かったけど、本シリーズはライトな感じが良いです。評伝や実話ものより、トップレフト以来のファンとしては、著者の純粋なフィクションが読みたいです。

新規会員限定 半額クーポンプレゼント!