「河合隼雄」おすすめ作品一覧

「河合隼雄」の新着作品・人気作品や、最新のユーザーレビューをお届けします!

作品一覧

2017/09/01更新

ユーザーレビュー

  • 村上春樹、河合隼雄に会いにいく
    文学者と心理療法家の対談。ふたりとも興味深く好感を持っている人だったので愉しく読めた。河合隼雄先生の感覚に共感を覚えることが多かった。話の切り口とかものの見方とか。集団的自衛権の解釈がニュースになっているこのタイミングで読めたことはラッキーだったかもしれない。今でもこの対談の内容は古くなく、様々な示...続きを読む
  • こころの処方箋
    臨床心理の第一人者が書いた人の「心」に関する洞察とエッセイ。

    普段、あまりこういう本は読まないけれど、素晴らしかった。
    読むたびに心動かされたり、ハッとさせられる新しい見方を提示された。可能であれば著者と話してみたかったと思うほど。著者は学者というより人に向き合ってきた医師だったかと思うが、その言...続きを読む
  • 魂にメスはいらない ユング心理学講義
    谷川さんがとても率直に河合先生に尋ねているのでわかりやすい。
    今は少し理解できるところも増えた。実践を重ねればもっと深まっていくのかもしれないけれど、それはなんだかまだ覚悟ができないなぁ、という気もする。
  • 村上春樹、河合隼雄に会いにいく
    もう二十年近く前の対談で、話題にのぼっているのは阪神大震災とオウムの地下鉄サリン事件。でも本質的な議論は時が過ぎても色褪せない刺激を持つことを再確認。とりわけ本書の最後にとりあげられる暴力性の問題は、2017年の現在、改めて問い直されなければならないのではないだろうか。
  • 村上春樹、河合隼雄に会いにいく
    いまの状況は「体制」などというのが、「反体制」をすぐに見つけられるような単純な形で存在していませんし、「反体制」運動にコミットしてみても、結果がいかに空しいかを、最近に経験してしまった、ということがあります。

    ジョン・アーヴィング 小説家 ランニング

    村上龍  鋭い感覚
    最初から暴力というものを...続きを読む

特集