フロイトとユング

フロイトとユング

作者名 :
通常価格 1,045円 (950円+税)
紙の本 [参考] 1,056円 (税込)
獲得ポイント

5pt

    【対応端末】
  • Win PC
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ
    【縦読み対応端末】
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ

※縦読み機能のご利用については、ご利用ガイドをご確認ください

【ニコニコカドカワ祭り2021開催中】マンガ・書籍が50%OFF!人気作品がまるごと1巻無料で読める期間限定無料作品も要チェック★

作品内容

十九世紀末、フロイトによって確立された精神分析学。彼の高弟ユングは後に袂を分かち、一派をなす――。人間存在の深層を探究した彼らの存在は、今なお我々に多大な影響を与え続けている。彼らは何を追い求め、何を明らかにしたのか。二人の巨人の思想の全容と生涯を、それぞれの孫弟子にあたり日本を代表する第一人者が語りつくした記念碑的対談。

カテゴリ
ビジネス・実用
ジャンル
学術・語学 / 哲学・宗教・心理
出版社
講談社
掲載誌・レーベル
講談社学術文庫
電子版発売日
2017年01月20日
紙の本の発売
2013年12月
サイズ(目安)
5MB

フロイトとユング のユーザーレビュー

感情タグBEST3

感情タグはまだありません

    Posted by ブクログ 2014年08月01日

    小此木啓吾、河合隼雄両氏の対談です。治療のことだけでなく、フロイト、ユングについても語られています。フロイトとユングのことを、著作や心理学の入門書で読むよりも身近に感じられた気がします。もっと色々読んでみたくなりました。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2014年08月30日

    フロイト派とユング派、日本を代表する両派の第一人者である小此木氏と河合氏の対談が収録されていて、とてもおもしろかった。教科書や専門書だけでは分からない、フロイトとユングの細かい人物像や、最後の方は日本文化論にも及んで、読み応えがあった。日本文化論のところでは、今の日本が抱える問題点が、両氏が対談した...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2020年02月20日

    小此木啓吾 河合隼雄 「フロイトとユング」 第一人者同士の対談。わかりやすい。


    フロイトとユングの比較というより

    ユング、河合隼雄、小此木啓吾 の精神分析理論や 土居健郎の甘え構造、古沢平作の阿闍世(あじゃせ)コンプレックスが

    フロイトのどこを取り入れ、どこを取り入れなかったのか、対談を 通...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2014年03月28日

    30年以上前に出版されたものなのに全然古さを感じない。人が変わらないのか、この二人が本質を見抜いているからか。今でも十分読む価値のある対談であり、もう二度と叶わない対談でもある。

    このレビューは参考になりましたか?

この本をチェックした人は、こんな本もチェックしています