柴田裕之の一覧

「柴田裕之」の新着作品・人気作品や、最新のユーザーレビューをお届けします!

無料・値引き作品コーナー

作品一覧

2019/12/06更新

ユーザーレビュー

  • サピエンス全史(下) 文明の構造と人類の幸福
    面白くて一気に読んだ。イデオロギーと宗教の話が印象に残った。仏教って日本人にとっては身近だけど、仏教がどんな宗教かは正直よく知らなかったので、なんだか新鮮だった。
    科学革命は帝国主義・資本主義を背景に急速に進んだが、文明は人間を幸福にしたのか、と筆者は問う。現在、ホモ・サピエンスは遺伝子工学によって...続きを読む
  • サピエンス全史(上) 文明の構造と人類の幸福
    続きが気になって朝起きるほどの本は久しぶり。


    イントロ. 認知革命、農業革命、科学革命

    1.言語を使い、虚構を信じる事で協力して活動することを可能にしたホモサピエンスは、他を根絶し、繁栄してきた。

    2.農業革命以後、想像上の秩序、書記体系の発明により、ヒエラルキーが生まれた。
    一部のエリート...続きを読む
  • サピエンス全史(下) 文明の構造と人類の幸福
    やっと読みました。文庫になるまで待とうかとも思っていたけど著者の執筆スピードが速くて気になること多すぎて我慢しきれませんでした。

    タイトルの通り人類の歩んできた歴史全体を俯瞰してそこにはどんな大きな流れがあるのかを掴み、その流れから見たときに現在の私たちの状況はどう捉えられるのかを語る本。評判通り...続きを読む
  • ホモ・デウス 上下合本版 テクノロジーとサピエンスの未来

    懐かしさが蘇った

    ありふれた言葉で言うと、目から鱗が落ちたの一言に尽きる。中学・高校時代に日本史や世界史の教科書を通読した後に感じた、あの感覚が、桁違いの大きさで私の中によみがえったように思う。その他の作品も是非読んでみようと思うこの感覚を味わうために。。
  • サピエンス全史(下) 文明の構造と人類の幸福
    複雑な難題を、分かりやすく、そして興味深く、説明してもらい、ありがたい。これまでの歴史や今の世界をこのように見ることができるのか、という視点以上の大きなものが伝わってきた。その一方で、もちろんこんな多様な学問的見地から1冊の本を通して理解しようとすると限界があるし、何か分かったつもりになっているのか...続きを読む