「上野修」おすすめ作品一覧

「上野修」の新着作品・人気作品や、最新のユーザーレビューをお届けします!

作品一覧

2017/01/13更新

ユーザーレビュー

  • スピノザ 「無神論者」は宗教を肯定できるか
    信仰と理性をめぐる関係において、ここまで切実に、また、真正面から考え、論じた哲学者がいたのか。スピノザ。ここから、私の新たな探求が始まりそうだ。時代制約があったればこそ、ここまで深まったのだろう。

    短いながらも濃密な思考の軌跡だった。

    ・自由が牧歌的だったことはない。p19
    ・哲学の目的はもっぱ...続きを読む
  • スピノザの世界
    めちゃくちゃ感動した。
    最後は第三種の認識まで到達して一気に理解。
    理解できるのはもともと知っているからで、スピノザの言うように最初から真なる観念が与えられているからなんだろう。
  • スピノザの世界
    デカルトの思想をそのまま理系的につきつめると汎神論になる、というのがスピノザか。そんな感じがした。著者はスピノザの『エチカ』を丁寧にたどりながら、読者をスピノザの頭の中に連れて行ってくれる。通常「汎神論」といわれても、今ひとつわかったようなわからないようなところがあるが、この本を読むとそれを豊かにイ...続きを読む
  • スピノザの世界
    日本におけるスピノザ研究の第一人者、上野修氏による入門書です。著者の目論見通り、"手軽に手に取れて、しかもじっくり中に入り込めるようなスピノザの入門書"(P.192)です。

    例によって哲学者・佐々木中氏ご推奨の一冊。佐々木氏は「これを読んだらもうスピノザを読んでください。読めます」とおっしゃってい...続きを読む
  • スピノザの世界
    特異なる神学者・哲学者であるスピノザ。その代表的著作である『エチカ』を中心とした解説書・入門書です。

    とにかく記述が明快です。淀みがないので大変にわかりやすく、それでいてレベルを落としたところがない。元々の思想をよほどよく読理解していないとこの本は書けません。後半はさすがに手強いですが、順序だてて...続きを読む