「丸島和洋」おすすめ作品一覧

「丸島和洋」の新着作品・人気作品や、最新のユーザーレビューをお届けします!

作品一覧

2016/01/18更新

ユーザーレビュー

  • 戦国大名の「外交」
    Lv【初心者】~
    ・2013年秋の書状展で書状に興味を持った方
    ・戦国大名同士、あるいは国衆との駆け引きが見たい
    ・とにかく面白い歴史の本が読みたい方

    戦国時代初心者の俺にも読みやすい、明快で気持ちのいい文体!
    「単純に読んでて楽しい」歴史の本は久々!
  • 戦国大名の「外交」
    戦国大名間での交渉を担当者「取次」を軸に解説した学術書。とはいえ、史上有名な駆け引きを事例として読みやすいので、戦国大名とくに甲斐武田氏と薩摩島津氏、それらの近隣大名に興味のある人にオススメ。他勢力との折衝を、接する地域を領有あるいは委託された大名従属者と当主側近ないしは宿老が共同で担当する仕組や、...続きを読む
  • 戦国大名の「外交」
    戦国大名の「他国」との「外交」を担った「取次」に焦点をあて、戦国時代におけるその具体的実相を明らかにするとともに、それから明らかとなる戦国大名の権力構造にまで踏み込んだ力作。
    実のところ、最近の戦国史物の読者へ媚びる傾向には辟易していたのと、また最近、戦国史研究者のお気楽な論理展開や「歴史を視る目」...続きを読む
  • 戦国大名の「外交」
    Twitterで著者をフォローしていて、面白そうだとずっと感じていたのがようやく手に取ることが出来た。著者は呟きではいつもわかりやすく説明をしているので、著書も同じように軽く(それこそ『頼朝の武士団』のように・・・)話を展開しているのかと思いきや、専門的な内容が詰まっていて、読み始めはかなり驚いた。...続きを読む
  • 戦国大名の「外交」
    文句なしの面白さ。外交のできる有能な側近がいかに重要であるか、戦に至るまでどれほどの駆け引きがあるのかを知ることが出来る。外交や内政のことはもちろん、本当に細部まで書かれていて、例を挙げれば料紙の使い方まで記してあり、大変読み応えのある本だった。