生きるとは、自分の物語をつくること

生きるとは、自分の物語をつくること

作者名 :
通常価格 396円 (360円+税)
紙の本 [参考] 506円 (税込)
獲得ポイント

1pt

    【対応端末】
  • Win PC
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ
    【縦読み対応端末】
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ

※縦読み機能のご利用については、ご利用ガイドをご確認ください

作品内容

人々の悩みに寄り添い、個人の物語に耳を澄まし続けた臨床心理学者と、静謐でひそやかな小説世界を紡ぎ続ける作家。二人が出会った時、『博士の愛した数式』の主人公たちのように、「魂のルート」が開かれた。子供の力、ホラ話の効能、箱庭のこと、偶然について、原罪と原悲、個人の物語の発見……。それぞれの「物語の魂」が温かく響き合う、奇跡のような河合隼雄の最後の対話。

カテゴリ
ビジネス・実用
ジャンル
学術・語学 / 哲学・宗教・心理
出版社
新潮社
掲載誌・レーベル
新潮文庫
電子版発売日
2013年08月02日
紙の本の発売
2011年02月
サイズ(目安)
1MB

生きるとは、自分の物語をつくること のユーザーレビュー

感情タグBEST3

感情タグはまだありません

    Posted by ブクログ 2021年10月01日

    河合隼雄という人物に触れなかった人生が恥ずかしい…。文化界の大家であると、経歴を見ずとも実感させられた。"おひさまにあててポカポカふくらんだ座布団のよう"な人。

    対話集なので軽やかにさらさら読めるが、さらさら素通りすることはできない言葉が詰まっていた。
    小川洋子、河合隼雄ともに...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2021年02月19日

    私の人生の教科書がまたひとつ増えました。
    大切な、大切な本になると思います。
    あとがきで泣いてしまったのは初めてです。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2021年01月10日

    昨日『ブラフマンの埋葬』を読み終えたところでしたから、「ブラフマンというのは、ユングが大好きな言葉ですよ。」という河合隼雄先生のお言葉が最後の対談で語られたというのは何とも悲しいことです。いつかここから生まれる偶然もあるのでしょうか。少なくとも私はそのおかげでユングを学びたいという意思を持てました。...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2020年04月25日

    小川洋子さんも河合隼雄さんも、お話を聞くのが抜群にお上手なのだなと感じる。ひと文ひと文が心にしみて、癒される。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2020年03月22日

    再読。
    クライアント自身のもつ力を信じて
    ただ、寄り添いアースとして存在する。
    そんな存在に近づいていきたいです。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2019年12月02日

    何度読んでもハッとしてしまう。
    これからも何度も読むことになると思う。

    本のページ数は内容の質と関係ないとわかってはいても、毎回手に取るたび思ってしまう。「あぁ、こんなに薄くて、値段も数百円…この中にこんな深い世界が広がってるなんて…」と。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2018年03月22日

    小川さんの『アンネ・フランクの記憶』の後に読むと、なおさら心に入って来る。小説家とカウンセラー、職業は違えど、「物語について、これほど柔軟で、どんな人の心にも寄り添える解釈を示したのが、作家でも文芸評論家でも文学博士でもなく、臨床心理学の専門家であったというのは興味深い事実」と小川さんも記している。...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2017年10月10日

    裏表紙にある通り河合隼雄さんの最後の対談なのだと認識して読み始めたはずなのに、終わりに差し掛かる頃にはすっかり頭の隅っこの方に追いやってしまっていたようです。「また今度」と手を振った直後に死を思い出した(?)とでも言えばいいのか、強烈な余韻の中に取り残された気分です。ハリーポッターのシリウスかダンブ...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2021年12月05日

    似たような悩み、同じ病状、同じ類型であっても、そこに至るルートには独自性があって。

    その解決に一定のパターンがあっても、至る思考ルートには独自性がある。

    どこの視座に立つか。マクロに見ればどんなこともパターン化する。ミクロに見れば独自性はある。物語とはミクロなものです。「人間」が主語の物語が面白...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2021年02月27日

    臨床心理学者の河合隼雄先生と人の心を描き続ける小説家小川洋子が『博士の愛した数式』を皮切りに様々なテーマについて語った対談集。

    各ページのやり取りに心がポッと温かくなります。
    長い本ではないので、割とすぐに読めます。

    要約やかいつまんでの書評はできない内容ですが、自分の人生を物語として捉えるのっ...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

この本をチェックした人は、こんな本もチェックしています

関連書籍

新潮文庫 の最新刊

無料で読める 学術・語学

学術・語学 ランキング