生きるとは、自分の物語をつくること

生きるとは、自分の物語をつくること

作者名 :
通常価格 396円 (360円+税)
紙の本 [参考] 506円 (税込)
獲得ポイント

1pt

    【対応端末】
  • Lideo
  • Win PC
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ
    【縦読み対応端末】
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ

※縦読み機能のご利用については、ご利用ガイドをご確認ください

新規会員限定半額クーポンプレゼント

作品内容

人々の悩みに寄り添い、個人の物語に耳を澄まし続けた臨床心理学者と、静謐でひそやかな小説世界を紡ぎ続ける作家。二人が出会った時、『博士の愛した数式』の主人公たちのように、「魂のルート」が開かれた。子供の力、ホラ話の効能、箱庭のこと、偶然について、原罪と原悲、個人の物語の発見……。それぞれの「物語の魂」が温かく響き合う、奇跡のような河合隼雄の最後の対話。

ジャンル
出版社
新潮社
掲載誌・レーベル
新潮文庫
電子版発売日
2013年08月02日
紙の本の発売
2011年02月
コンテンツ形式
EPUB
サイズ(目安)
1MB

生きるとは、自分の物語をつくること のユーザーレビュー

    Posted by ブクログ 2020年04月25日

    小川洋子さんも河合隼雄さんも、お話を聞くのが抜群にお上手なのだなと感じる。ひと文ひと文が心にしみて、癒される。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2020年03月22日

    再読。
    クライアント自身のもつ力を信じて
    ただ、寄り添いアースとして存在する。
    そんな存在に近づいていきたいです。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2019年12月02日

    何度読んでもハッとしてしまう。
    これからも何度も読むことになると思う。

    本のページ数は内容の質と関係ないとわかってはいても、毎回手に取るたび思ってしまう。「あぁ、こんなに薄くて、値段も数百円…この中にこんな深い世界が広がってるなんて…」と。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2018年03月22日

    小川さんの『アンネ・フランクの記憶』の後に読むと、なおさら心に入って来る。小説家とカウンセラー、職業は違えど、「物語について、これほど柔軟で、どんな人の心にも寄り添える解釈を示したのが、作家でも文芸評論家でも文学博士でもなく、臨床心理学の専門家であったというのは興味深い事実」と小川さんも記している。...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2017年10月10日

    裏表紙にある通り河合隼雄さんの最後の対談なのだと認識して読み始めたはずなのに、終わりに差し掛かる頃にはすっかり頭の隅っこの方に追いやってしまっていたようです。「また今度」と手を振った直後に死を思い出した(?)とでも言えばいいのか、強烈な余韻の中に取り残された気分です。ハリーポッターのシリウスかダンブ...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2016年06月15日

    河合隼雄さんと小川洋子さんの対談集+小川さんによる長いあとがき。
    というのも、本来はもう少し対談の章が続くはずだったのが、それが実現しないうちに河合先生が亡くなってしまい、最後が追悼文的あとがきになったのだとか。

    河合隼雄さんはユング分析心理学の第一人者で、臨床心理学者。著書や色んなジャンルの人と...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2015年06月05日

    もっと長生きしてほしかったな河合隼雄さん。
    手元に置いて定期的に読み返したい。
    「のぞみのない時はひかりです」
    「あっ、のぞみの次はひかりだ」
    「こだまが帰って来た」
    とかさ、ぐっとくる。深い。
    少し長すぎるあとがきも良い。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2015年03月24日

    お二人の著書をあまりちゃんと読んだことが無いのにタイトルに惹かれてよんでしまった。

    いつでも傍に置いてペラペラめくりたい軽快なやりとり。

    こんなふうにお茶しながら会話したら楽しいだろうなと思わせてくれる一冊。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2015年03月18日

    対談。河合先生が逝く前に実現して良かった。そしてその内容が世に出て良かった。カウンセリングの難しさと、人生を述べられる先生は宗教家のようにも映った。「やさしさの根本は死ぬ自覚。」「あなたも死ぬ、わたしも死ぬ、ということを日々共有していられれば、お互いが尊重しあえる。相手のマイナス面も含めて受け入れら...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2020年05月05日

    数年前に読んだときはピンと来なかった2人の会話が染み込んできた。

    曖昧を持ち合わせたまま生きてよいのだということ励まされた。合理性を過剰に求めなくていいことにも。なぜ小説が、物語が人間に必要なのかがよくわかります。とても癒される。

    このレビューは参考になりましたか?

この本をチェックした人は、こんな本もチェックしています