薬指の標本

薬指の標本

作者名 :
通常価格 407円 (370円+税)
紙の本 [参考] 539円 (税込)
獲得ポイント

2pt

    【対応端末】
  • Win PC
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ
    【縦読み対応端末】
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ

※縦読み機能のご利用については、ご利用ガイドをご確認ください

作品内容

楽譜に書かれた音、愛鳥の骨、火傷の傷跡……。人々が思い出の品々を持ち込む〔標本室〕で働いているわたしは、ある日標本技術士に素敵な靴をプレゼントされた。「毎日その靴をはいてほしい。とにかくずっとだ。いいね」靴はあまりにも足にぴったりで、そしてわたしは……。奇妙な、そしてあまりにもひそやかな、ふたりの愛。恋愛の痛みと恍惚を透明感漂う文章で描いた珠玉の二篇。表題作ほか「六角形の小部屋」収録。

カテゴリ
小説・文芸
ジャンル
小説 / 国内小説
出版社
新潮社
掲載誌・レーベル
新潮文庫
電子版発売日
2013年05月24日
紙の本の発売
1997年12月
コンテンツ形式
XMDF
サイズ(目安)
1MB

書店員のおすすめ

忘れたくとも失いたくはない過去に区切りをつけ、完結させるため、たくさんの人がその“標本室”を訪れる。持ち込まれる品は様々。例えば、楽譜に書かれた音、愛鳥の骨、ヤケドの痕。そして、標本技術士の助手になった「わたし」は、欠けてしまった薬指の先端を。
登場するのは、皆、かつて何かを永遠に諦めてしまった人ばかり。寂しさは新たな寂しさを導いて、人々は己の物足りなさを埋めようと、他者にすがる。静謐な文章の底に息づく狂気がとても美しい。
本作は2005年にフランスで映画化されている。主役は「007 慰めの報酬」でボンドガールに抜擢されたオルガ・キュリレンコ。フランス映画らしい静けさとエロチシズムにくらくらとめまいを覚える。原作にほぼ忠実に描かれており、こちらもおすすめである。

薬指の標本 のユーザーレビュー

感情タグBEST3

感情タグはまだありません

    Posted by ブクログ 2022年05月18日

    小川洋子さんを好きになったきっかけの本。
    表題作の薬指の標本は特に、読み終わったあとの気味の悪さ(いい意味で)で眠れなかった。
    最後のおじいさんとの会話から、淡々と語られるラストまでを何故かふと読み返したくなる時がある。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2022年03月14日

    こわかった。日常を慈しむ態度に憧れていたが、こんな側面もあるのかと知った。態度や向き合うものや向き合い方を変えたとしても、やっぱり失敗、ミス、エラー、予想外は起きる。どんな粒度でいようと、それらは起きると知った。なんとまあ。でもしばらくはこの感じを続けてみたい。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2021年09月20日

    静謐という言葉が似合う文章を書く。小さい頃に祖母の家にいたあの感じを思い出す。非常に綺麗な文章。ラストシーンが非常に好き。バッドエンドでもハッピーエンドでもないあの感じが好き。何が好きなのかもわからないけどなんだか好きでよく読み返すことがある。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2021年08月01日

    忘れ去られてしまいそうなものたちの密やかな生命をすくいあげてそっと覗くような甘美な物語。
    古いものと甘さとほんの少しの苦味を感じる作品。
    私の人生観を形成している、秘密にしたい大切な一冊。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2021年07月12日

    まるで綺麗にきらきら光るような、でも同時に気持ち悪さも持った不思議な文章だった。何も考えずに読むと、綺麗な情景だけれど、よくよく考えるとゾッとする、そんなお話。
    全てが語られすぎておらず想像する余白があるのが良かった。きっと一年後、もう一度読みたくなっていると思う。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2021年05月30日

    静かで、優しくて、ロマンチックで、少し背中がひやっとする、大好きな作品。日常の延長線上の不思議な世界観に夢中になってしまう。また読みたい。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2021年05月30日

    儚く形のあるようでないような、ふわふわとした物語二編でした。浮遊感気持ちよかったです。奇妙な恋愛模様も心地よかった

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2021年03月04日

    人生で出会った一番好きな本。
    弟子丸氏の視線に徐々に絡め取られていくような描写にぞくぞくする。
    小川洋子氏は瑣末なものや失われたもの、さらには元から無いものに焦点を当てるのがとても上手で、いつも驚かされる。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2021年01月16日

    瞬間のインスピレーションでお答えください。
    『標本』
    この二文字の漢字を見て、今のあなたの頭に思い浮かんだものはなんでしょうか?

    生きていたまさにその姿のままピンで刺され時を止めてしまったかのような昆虫、プレパラートの上に閉じ込められたミクロの世界にも命があることを示す微生物、そして空気の届かない...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2020年12月28日

    小川洋子さんの本を読むのは「博士の愛した数式」に引き続き、2冊目です。

    本作は表題にもある「薬指の標本」と「六角形の小部屋」の短編二編で構成されています。

    私は完全に「薬指の標本」という題名に吸い込まれて手に取ったタイプの人間なのですが、六角形の部屋もミステリアスでファンタジックな雰囲気が「薬指...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

この本をチェックした人は、こんな本もチェックしています

関連書籍

新潮文庫 の最新刊

無料で読める 小説

小説 ランキング