「小川洋子」おすすめ作品一覧

  • 作者名:小川洋子(オガワヨウコ)
  • 性別:女性
  • 生年月日:1962年03月30日
  • 出身地:日本 / 岡山県
  • 職業:作家

早稲田大学第一文学部文芸専修卒。1988年『『揚羽蝶が壊れる時』』でデビュー。『妊娠カレンダー』で芥川賞を受賞。『博士の愛した数式』で読売文学賞、本屋大賞を受賞など数々の作品で受賞。代表作『博士の愛した数式』は映画化されている。

作品一覧

2017/07/10更新

海
475円(税込)
カラーひよことコーヒー豆
完璧な病室
432円(税込)
貴婦人Aの蘇生
378円(税込)
薬指の標本
399円(税込)

受賞作品

ユーザーレビュー

  • 琥珀のまたたき

    高い壁で外界から閉ざされた世界に母と暮らす3人の姉弟。
    彼らには新しく宝石の名前がつけられた。

    これは明らかな犯罪で、彼らは被害者なのに、幸福な世界に身を置いているような、圧倒的な世界観に魅了されました。
    メインの琥珀の過去の記録の日々と、現在の彼を語るピアニストの話が交互に現れ、最初は戸惑いまし...続きを読む

    Posted by ブクログ

  • 博士の愛した数式

    ほぼ日の19歳の本棚の中で紹介されていて、「映画化もされた有名な本だよな~」と気軽に読み始めたら、なんとなんと…。温かく愛に満ち、涙腺に響く、美しいおはなしだった。
    前に、角度の計算もきちんと書いてある折り紙の本を見ながら折った時の、折り紙って数学だったんだ!と驚き、感動した感覚がよみがえった。数学...続きを読む

    Posted by ブクログ

  • 洋子さんの本棚

    二人の洋子さんが、人生を幾つかに区分けして、その時期に読んでいた本を語り合う対談集。
    愛した本を語ることは、己をさらけ出すことだなと改めて思う。
    お二人の選ぶ表現の一つ一つもとても良かった。
    単なる読書案内ではなく、生きることへの真摯な思いに触れられる。
    また読み返したい。

    Posted by ブクログ

特集