博士の愛した数式

博士の愛した数式

作者名 :
通常価格 484円 (440円+税)
紙の本 [参考] 649円 (税込)
獲得ポイント

2pt

    【対応端末】
  • Win PC
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ
    【縦読み対応端末】
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ

※縦読み機能のご利用については、ご利用ガイドをご確認ください

作品内容

[ぼくの記憶は80分しかもたない]博士の背広の袖には、そう書かれた古びたメモが留められていた──記憶力を失った博士にとって、私は常に“新しい”家政婦。博士は“初対面”の私に、靴のサイズや誕生日を尋ねた。数字が博士の言葉だった。やがて私の10歳の息子が加わり、ぎこちない日々は驚きと歓びに満ちたものに変わった。あまりに悲しく暖かい、奇跡の愛の物語。寺尾聰主演の映画原作。

カテゴリ
小説・文芸
ジャンル
小説 / 国内小説
出版社
新潮社
掲載誌・レーベル
新潮文庫
ページ数
291ページ
電子版発売日
2011年10月21日
紙の本の発売
2005年11月
コンテンツ形式
XMDF
サイズ(目安)
1MB

博士の愛した数式 のユーザーレビュー

感情タグBEST3

感情タグはまだありません

    Posted by ブクログ 2022年05月03日

    80分しか記憶出来ない博士はどんなに辛かったろう。全てを寛容に受け止める10歳の√ (ルート)。彼の事を素数のように愛する博士。決して悲しい話ではない、愛に満ちた作品だった。

    -----------(推測)
    オイラーの公式が何たるかを理解せずにこの作品を読み切ったとはいえないと思い、調べたところ...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2022年04月27日

    数学を専門とする元大学教授の通称、博士と、家政婦をすることになった私、そしてその息子のルートとの温かな関わり合いの物語。小川洋子さんのかわいらしい文体と物語がマッチして、心を揺さぶる物語になっている。
    博士は80分しか新しい記憶が持続しないという持病のため、刹那的なやり取りがなされるが、こんなにもい...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2022年04月17日

    エピソードの数々から愛情を感じる、味わい深い一冊。
    記憶が続かなくとも一瞬一瞬で、それぞれの登場人物が愛情をそれぞれの形で伝え、感じる姿が気持ちを揺さぶる。
    ルートが博士を信用しなかった母に対して怒るシーンが本当に大好き。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2022年04月09日

    私は数学を美しいと感じたことはあまりなかったが、この本ではそう感じることができた。

    きっと博士やルート少年の温かみの中で数学の談義が展開されていた、というのが一つの理由だろう。

    この物語は、常に少しの切なさと、そして大きな温かさが登場人物を包み込んでいる。

    最後に、「ルート少年」の本名が出てこ...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2022年04月02日

    博士の不器用ながらの愛情表現がまじで愛おしくて包み込みたくなるような、でもこっちが暖かく包まれてるような感じでした

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2022年03月30日

    ゴリゴリの文系で数学なんか一生理解出来ないと思って生きてきた私は数学と文学が調和するなんて思いもしなかった
    数式の美しさと人間関係のドラマが合わさってこんな感動を産むのかと読んだ後胸いっぱいになりました
    登場人物皆がそれぞれに抱えるものがありながらでも幸せに物語が閉じられて良かった

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2022年03月29日

    80分しか記憶が持たない博士と家政婦親子の3人の物語
    何度も読んでも心が温かくなる
    数学の世界がいかに美しいか、人と人が心を通わすことがいかに素敵なことかが伝わってくる

    博士という立場の人は自身が学問を極めることはもちろんなのだけど、その学問の発展には後継者が必要不可欠なわけで、そのためにその学問...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2022年03月13日

    博士がとにかく愛おしい
    数学は好きだったけど、違う視点での素晴らしさも教えてもらえた一冊
    友愛数素敵だな〜

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2022年03月24日

    透き通った清水を手のひらでくみ上げて飲んだような小説である。
    ジャンルが思い浮かばなかった。「ヒューマン」などという枠ではくくれない名作である。

    詳しくは語らない。博士が愛した数式、「オイラーの等式」を一度眺めてみてください。

    果ての果てまで循環する数と、決して正体を見せない虚ろな数が、簡潔な軌...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2022年05月21日

    小川洋子の博士の愛した数式を読みました。私も数学は好きなほうなので同感する部分が多かったですね。記憶があまり長く続かないというのも私の性格と同じなので他人ごととは思えません。オイラーの公式なども私は複素平面で点が回っているイメージがあって、おなじみです。メインのストーリーに江夏の話やルートの物語、義...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

この本をチェックした人は、こんな本もチェックしています

関連書籍

新潮文庫 の最新刊

無料で読める 小説

小説 ランキング