現代の精神分析 フロイトからフロイト以後へ

現代の精神分析 フロイトからフロイト以後へ

作者名 :
通常価格 1,540円 (1,400円+税)
紙の本 [参考] 1,584円 (税込)
獲得ポイント

7pt

    【対応端末】
  • Win PC
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ
    【縦読み対応端末】
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ

※縦読み機能のご利用については、ご利用ガイドをご確認ください

【ニコニコカドカワ祭り2021開催中】マンガ・書籍が50%OFF!人気作品がまるごと1巻無料で読める期間限定無料作品も要チェック★

作品内容

人のこころには広大な無意識の領野が潜んでいる! 20世紀の思想を根源から変革した精神分析。それは、始祖フロイトのどのような発想から誕生したのか? いかに隣接諸学をまきこんで、巨大な人間学として大成したか? フロイトから現代のエリクソン、クライン、ウィニコットへ、1世紀にわたる精神医学の冒険を、斯界第一人者が総展望する待望の書。

カテゴリ
ビジネス・実用
ジャンル
学術・語学 / 哲学・宗教・心理
出版社
講談社
掲載誌・レーベル
講談社学術文庫
電子版発売日
2016年01月22日
紙の本の発売
2002年08月
サイズ(目安)
2MB

現代の精神分析 フロイトからフロイト以後へ のユーザーレビュー

感情タグBEST3

感情タグはまだありません

    Posted by ブクログ 2012年03月19日

    精神分析学を概観するのには最適。それぞれの精神分析家がどのような立場から論じているのか解説されており、またどの理論もとても丁寧にわかりやすく論じられている。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2009年10月04日

    フロイトから現代の精神分析家までの系譜、そしてその理論についてが書かれています。
    とりあえず精神分析学派の文章といえば難解だという印象があったのですが、この本はかなり簡潔に書かれていて読みやすいです。
    これを通して精神分析の流れを再学習、あるいは概論として吸収するのは非常に有益なのではないでしょうか...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

この本をチェックした人は、こんな本もチェックしています

関連書籍

講談社学術文庫 の最新刊

無料で読める 学術・語学

学術・語学 ランキング