鈴木大拙の一覧

「鈴木大拙」の新着作品・人気作品や、最新のユーザーレビューをお届けします!

値引き作品コーナー

作品一覧

2020/12/24更新

ユーザーレビュー

  • 無心ということ
    鈴木大拙先生の講演録。
    改めて彼の生きた時代といふものを見ると、それは決して最近のひとではないといふことに改めて気づかされる。養老孟司、吉本ばなな、Azuki七、松村栄子、宮崎駿、池田某、永井均、なだいなだ、福田恒存、小林秀雄、宮沢賢治、一休宗純、ブッダ、どこか綿々と続く精神の大きな働きの中にゐるや...続きを読む
  • 日本的霊性 完全版
    元来広い意味においての意志は、宇宙生成の根源力であるため、それが自分らすなわち個々の人間の上に現れるとき、心理学的意味の意志力と解せられる。この意志力が強ければ強いだけ仕事ができるというわけあいである。

    精神家というのは形式ばらぬ人のことである。杓子定規や物質万能主義などにとらえられずに、なにか1...続きを読む
  • はじめての大拙 鈴木大拙 自然のままに生きていく一〇八の言葉
    シンプル&分かりやすさでセレクトした鈴木大拙の108の言葉。
    仏教や禅思想を世界に広めた大拙の言葉に、禅とは、宗教とはを想う。
    自由意志で生まれてきた者なんて、ひとりもいない。
    あの世で親を選び、人生の課題を設定して生まれてくるという世界観もあり、大拙の言葉だからといって鵜呑みにする必要はない。
    ...続きを読む
  • 日本的霊性
    日本仏教の本質は日本的霊性である。日本的霊性そのものは、万葉集の時代、奈良時代、平安時代にもあったものの、
    平安時代末期の政治的、経済的混乱と鎌倉時代の元寇という国難を通過して、浄土真宗、禅宗という形で顕現したのだった。日本的霊性の本質は「earth」にある。都で経典に関する抽象的な議論ばかりしてい...続きを読む
  • 無心ということ
    「何といっても仏教の基礎は心理学にある。もとより世間でいう自然科学的心理学ではないが。
    ちょっと見ると、哲学のようにも、認識論のようにも、また、いわゆる「神学」のようにも見えるかもしれぬが、仏教の本領は心理学にある、超絶的または形而上学的心理学とでもいうべきところにある。
    これが本当にわかると、仏教...続きを読む

新規会員限定 半額クーポンプレゼント!