「梅棹忠夫」おすすめ作品一覧

「梅棹忠夫」の新着作品・人気作品や、最新のユーザーレビューをお届けします!

無料・値引き作品コーナー

作品一覧

2015/12/25更新

ユーザーレビュー

  • 知的生産の技術
    文章にひらがなが多い。書類の整理の仕方や情報の収集、活用法など今でも参考にしている。古典的名著だと思う
  • ヤマケイ文庫 山をたのしむ
    梅棹集中読破第三弾!日曜日の山歩きに向かう電車で半分、帰る電車で残りの半分。文明の生態史観も日本探検も面白かったけど本書では梅棹忠夫がなぜ梅棹忠夫なのかの基本を感じることが出来ました。彼の学問のオリジナリティとスケールはクライマーじゃなくてマウンテニーア、つまりオールラウンダーとして山全体を包み込む...続きを読む
  • 日本探検
    突然の梅棹忠夫マイブームで。カラコラムや東南アジア、モンゴル探検を通して「文明の生態史観序説」というダイナミックな文明論を展開した著者が海外と同じように国内を歩いて考えた論考集。 「なんにもしらないことはよいことだ。自分の足であるき、自分の目でみて、その経験から、自由にかんがえを発展させることができ...続きを読む
  • 知的生産の技術
    著者は、日本の文化人類学の先駆者で京都大学名誉教授の梅棹忠夫氏。京都大学時代、今西錦司、森下正明、梅棹忠夫、吉良竜夫などと探検隊を結成した方でもあり、同世代にKJ法で有名な川喜田二郎がいます。この本は今では相当年月が経ってしまいましたが、個人的には一度は目を通しておきたい本でした。

    筆者は、人間の...続きを読む
  • 知的生産の技術
    書籍や論文という形にとどまらず、メールでもエッセイでも、はたまたLINEのメッセージでも、「文章」を書く人間には必携の書であろう。
    ただし、「ひらかなタイプライター」など、梅棹氏の方法が幾分時代遅れになっている感は否めない(今でも愛用者はいるのだろうか?だとしたらその点は私の不勉強です。)が、氏の言...続きを読む