時喰監獄

時喰監獄

作者名 :
通常価格 1,760円 (1,600円+税)
獲得ポイント

8pt

    【対応端末】
  • Lideo
  • Win PC
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ
    【縦読み対応端末】
  • Android
  • ブラウザ

※縦読み機能のご利用については、ご利用ガイドをご確認ください

新規会員限定半額クーポンプレゼント

作品内容

第六十二番監獄。明治の初めに北海道の奥地に建てられたその監獄は、収監されれば二度と出られないという噂から、〈黒氷室〉の異名で恐れられていた。〈黒氷室〉行きとなった青年・北浦は、奇妙な囚人たちに出会う。三度目の脱獄を目論む不死身の男・赤柿、帝都の私立探偵だという浮世離れした美青年・御鷹、そして閉ざされたはずの監獄に、ある日突然現れた記憶喪失の男。こいつは誰で、どこからやってきたのか? 謎を探るうち、北浦は監獄の〈本当の目的〉を知る!

ジャンル
出版社
KADOKAWA
掲載誌・レーベル
角川書店単行本
電子版発売日
2019年07月31日
紙の本の発売
2019年07月
コンテンツ形式
EPUB
サイズ(目安)
4MB

時喰監獄 のユーザーレビュー

    Posted by ブクログ 2019年11月30日

    帯に「90ページで世界はひっくり返る」とある。うーん帯でネタバレかぁと思いつつ読み始めたけれど、これは必要な事前情報だった。これがないと序盤で読者として構築していた世界観がひっくりかえされて、以降混乱からイマイチ感を覚えてしまっていたかもしれない。でも、90ページになにかあるんだってつもりで序盤を読...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2019年10月25日

    明治の初めに北海道の奥地に建てられた第六十二番監獄。入ると二度と出て来れないと言われる不気味な監獄の謎と、それを巡る人々の冒険の物語。
    脱獄を試みて一度死んだ男、何か目的がありげな帝都の私立探偵、記憶喪失の謎の男に加えて警察の捜査官は潜入しているし、閉ざされた空間で事件が起こる監獄ミステリかと思いき...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?
    ネタバレ

    Posted by ブクログ 2020年02月08日

    ジャンルとしてはタイムマシンを使ったSF小説なんだろうなあ、たぶん。
    テンポもよく、軽い読み物という感じでした。
    ただ、いろいろあっけない気が。

    このレビューは参考になりましたか?

この本をチェックした人は、こんな本もチェックしています