「小学館新書」おすすめ作品一覧

「小学館新書」の新着作品・人気作品や、最新のユーザーレビューをお届けします!

配信予定・最新刊

2019/04/05更新

「小学館新書」の作品一覧

ユーザーレビュー

  • 「奨学金」地獄(小学館新書)
    「奨学金」地獄。岩重佳治先生の著書。経済的に余裕がない家庭で育った子供にとって奨学金は助け舟になる存在。それなのに奨学金によって逆に苦しめられて奨学金地獄になるなんて本末転倒。奨学金地獄で苦しむ人がいなくなるような制度を一日も早く実現してほしい。
  • 僕たちはもう働かなくていい(小学館新書)
    ネーミングセンスでキャズム越え
    iPhone

    これからの時代、生き残れるのは安定した仕事を与えられた人でも、お金持ちでもない。働かなくていい世界でなおモチベーションを持ち、なにかの行動を起こせる人が生き残れる。。
    ものづくりよりものごとづくり体験。
    カングーロ ものごとづくりの予感
    ものごとをつく...続きを読む
  • 国境のない生き方 -私をつくった本と旅-(小学館新書)
    ヤマザキさんのことも作品のことも今まで知らなかったけど、この本を読んで大ファンになった。

    この人の感性と、言葉の選び方が好きです✨

    もっともっと読書したくなった!
    旅に行きたくなった!!
    わたしも変なフルーツ食べたーい!!!
  • 僕たちはもう働かなくていい(小学館新書)
    行動しよう!
    ロボットやAIには真似できない、自分の手に職をつけて技を磨き、好きな人生を生きていこう!
  • 仕事にしばられない生き方(小学館新書)
    軽い読み物だと思って手にしていた。読んでみると超ヘビー級の一冊。
    著者が歩んできた人生を丁寧に振り返った本。最初の章では、母親を語っている。この母にして、この子供ありというエピソードだということが、のちの自らの体験を語るところで判明する。本人は苦しかった経験をたくさんしているが、苦労とは感じていない...続きを読む

特集